印刷 | 通常画面に戻る |

フランドル地方

現在のベルギーとフランス北部にまたがる地方。英仏の抗争の対象となる。

 フランス語表記ではフランドル、ベルギー語表記ではフランデレン。英語ではフランダースという。より広く言えばネーデルラントの南部地域に当たる。ローマ時代には属州ベルギカとなり、5世紀以降はフランク族が支配、フランク王国のなかのフランドル伯領となった。 → 南ネーデルラント

毛織物産業の繁栄

 古くから羊毛の産地であり、毛織物が生産されていたが、11世紀以降はイングランド産の羊毛を原料とするようになって、毛織物産業が大いに栄えた。その中心地がブリュージュ(現在のブルッヘ)で、ハンザ同盟の商館も置かれた。またガン(現在のヘント)も商業都市として栄えた。後の大航海時代の商業革命によってヨーロッパ経済の中心が大西洋岸に移るとフランドル地方の北部のアントウェルペン(アントワープ、アンベルス)はその一つの貿易港として栄えた。

英仏抗争の地

 1328年には、フランス王の重税に反撥した都市の商工業者の反乱が起き、フィリップ6世による厳しい弾圧が行われた。そのため、毛織物業者がイギリスに移り、イギリス毛織物業が盛んになる原因となった。また百年戦争直前にはガンの大商人ジャック=ファン=アルテフェルデが中心となってイギリスと同盟する動きがあり、フランスは強く警戒した。また1384年に婚姻の結果ブルゴーニュ公(本領はフランス中東部のブルゴーニュ地方)の領地となり、ブルゴーニュ公はイギリスと結んだ。このようにフランドル地方はイギリス・フランス間の抗争地となり、百年戦争の一因となった。

ハプスブルク家領となる

 しかし、ブルゴーニュ公シャルル(豪胆公)が死ぬと男子が無く、1477年公女マリーが北部のネーデルラントとともにフランドルを相続、そのマリーがハプスブルク家マクシミリアンと結婚したため、いわゆるハプスブルク帝国領となった。その後はマクシミリアンとマリーの子のフィリップが相続、フィリップがスペイン王女ファナ(フェルナンド5世とイザベルの娘)と結婚したので、その子カルロス1世(神聖ローマ帝国皇帝カール1世)に受け継がれた。カルロス(カール)の引退後、ハプスブルク家がオーストリアとスペインに分かれると、ネーデルラント・フランドルはともにスペイン・ハプスブルク家のフェリペ2世領となった。15~16世紀はルネサンスの時期に当たっており、フランドル地方は絵画で革新的なフランドル派といわれるファン=アイク、ブリューゲルなどが輩出した。

オランダの独立に加わらず

 フランドル地方はカトリック信仰心が強く、1568年に北部のネーデルラントで独立運動が起こり、最終的に1648年に独立が承認されネーデルラント連邦共和国(オランダ)が成立してからも、スペイン領に留まった。南ネーデルラント(ベルギー、ルクセンブルク含む)は、スペイン継承戦争後の1714年ラシュタット条約(フランスと神聖ローマ帝国の講和条約)でオーストリア=ハプスブルク家の領地となった。

オランダへの併合とベルギー独立

 ナポレオン時代にはフランスに編入されたが、ウィーン会議によるウィーン議定書でオランダに併合される。オランダの一部となったベルギーでは民族主義の高揚という19世紀の機運の中で1830年にオランダからベルギー王国として独立して、はじめて独立国家となった際、ほぼフランドルは北部をベルギー、南部をフランスに分割された。 → 現在のベルギー王国   ベルギー言語戦争  フランデレン

フランドル派

14世紀にフランドル地方で興った画風の傾向。

ルネサンス期の14世紀末にフランドル地方(ネーデルラントの一部。現在のベルギー)で起こった絵画の一派。フランドル地方は毛織物業が発達し、ヘント(ガン)やブリュージュなど商業都市が繁栄していたことが、職業的な美術家が輩出した背景にあると考えられる。まずファン=アイク兄弟油絵技法を発明し、独自の写実的な画風を確立し、イタリア絵画にも大きな影響を与えた。16世紀には農民生活に題材を求めたことで知られるブリューゲルが現れた。フランドル派絵画はバロック美術にも受け継がれ、ルーベンスファン=ダイクが活躍した。