印刷 | 通常画面に戻る |

バーミンガム

産業革命期のイギリス中部で、鉄工業などで急速に発展した工業都市。

 イギリス中部、ミッドランドにある工業都市で、周辺に豊富な鉄鉱石と石炭の産地があったことから、産業革命の時期に製鉄などの鉄工業、鉄を材料とした機械工業が発達した。すでに早く1793年にはロンドンと結ぶバーミンガム運河が建設されたが、鉄道時代になってからはロンドン・バーミンガム鉄道が敷設された。人口の都市集中も急激に起こり、1830年代には10万を数え、マンチェスター(17万)、リヴァプール(10万)と並ぶ新興都市となった。しかし、急増する人口に対する都市の整備は進まず、多くの貧しい労働者が煤煙の中でクラスという劣悪な環境が拡がり、「ブラック・カントリー」と言われた。20世紀から現在に至るまで、バーミンガムはイギリスの代表的工業都市として続いている。
 このように急速に発展した大都市バーミンガムであったが、19世紀初頭まで政治的には無権利の状態に置かれていた。イギリス議会の選挙区制度が産業革命前の人口分布で選挙区の区割りがなされていたため、人口が大減少したにもかかわらず議席の与えられるいわゆる腐敗選挙区に対して、マンチェスターやバーミンガムには議席が与えられていなかった。それに対してナポレオン戦争終結後の1815年ごろから、選挙法改正を要求する運動が起こり、特にバーミンガムでは労働者の無権利状態から労働問題が深刻になっていたこともあって、それらの運動が活発になった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章1節 ウ.資本主義体制の確立と社会問題