印刷 | 通常画面に戻る |

ザミンダール/ザミンダーリー制

ザミンダールとはインドの地主のことで、イギリス東インド会社が1793年にベンガル州で実施したザミンダールを通じて地税を徴税する方式がザミンダーリー制。

 ムガル帝国のインドで地主のことをザミンダールと言っていたが、ザミーンが土地、ダールが所有者を意味した。イギリスの東インド会社は、インドを支配するに当たり、ザミンダールを近代的な土地所有者と扱い、かれらを地租の徴税請負人と位置づけた。彼らは実際の耕作者である農民から過大な地代を徴収し、地租との差額を着服し私服を増やした。そのような地税制度をサミンダーリー制といい、1793年のベンガル地方で最初に実施した。

ザミンダーリー制のポイント

・内容 地主(ザミンダール)に土地所有権を認め、定額の租税を永代にわたって納入することを取り決めたこと。
 それまでの封建領主層だった人々を近代的土地所有者としてみとめ、地主とした。(近代的土地所有権ということは、土地を抵当に入れたり、売買ができる不動産とする、という意味である。)
 その際、税額はそれまでの納入額を参考にして決定し、収入に増減があっても永代にわたって固定された。
 この税制によってこれまで複雑であった租税体系が、[ 農民――(地代)―→地主――(租税)―→東インド会社 ]という単純な形で一本化された。
・目的 東インド会社にとって可能な限り最大限の地税を取り立て、イギリス本国の財源に充てることであった。
・影響 ザミンダーリー制によって、それまでの封建領主が農村共同体をまるごと支配するという社会関係から、地主―小作人関係が軸となり、東インド会社が統治者として農民を直接統治する形態が成立した。また、ザミンダーリー制がベンガル州全域で実施された結果、地主と農民にも大きなは変化が生じた。まず土地所有権を認められるとと同時に納税義務を負わされた地主は、納税額が不足すると地主権を抵当に入れて借金したり売却した。その結果、商人や金融業者が新たに地主となることができた。農民にとっては共同体で占有していた土地に対する権利は失われ、無権利な小作人の立場に落とされていった。
 結果として、19世紀初頭までに約3分の2の地主権が所有者の手から離れ、旧領主層は没落し、新しい地主層が生まれた。
・意義 ザミンダーリー制が実施されたことによってベンガル地方の封建領主層を近代的地主として東インド会社の領国支配下に組み込むんだ。その過程で吸い取られた冨はイギリス本国にもたらされ、イギリス資本主義の発展を促した。<小谷汪之『変貌のインド亜大陸』世界の歴史24 1978 講談社>

ザミンダーリー制とライヤットワーリー制

 東インド会社は、18世紀後半、マイソール戦争マラーター戦争によって中部インドを制圧し、マドラスボンベイを中心とした広大な地域を支配するようになった。これらの地域では、ベンガルのような地主(ザミンダール)を通してではなく、実際の土地耕作者である農民(ライヤット)から直接地税を徴収するライヤットワーリー制を実施した。このようにイギリスはインドを植民地支配するに当たり、地域の実情にあわせたいくつかの形態を取り、現実的にもっとも税収を上げる方策をとった。
(引用)ビハール州や、カルカッタのある西ベンガル州には、もともとザミンダールと呼ばれた地主がいた。すでにこの地方を支配していたイギリスの東インド会社は、イギリス流の法観念に従って、地主の土地に対する権利を、近代的土地所有権として認定したうえで、彼らを租税請負人に仕立て、定額の金納地租を取りたてることにした。これを「永代ザミンダーリー制」という。他方、デカン高原をも含む南インドについては、ザミンダールにあたる地主がいなかったので、ライヤットと呼ばれた土地所有農民を地租負担者とし、地租の額は一定の期間ごとに改訂することにした。これは、「ライヤットワーリー制」と呼ばれている。<吉岡昭彦『インドとイギリス』1975 岩波新書 p.52>

インド農村の変化

 ザミンダーリー制によってもたらされたインド農村の変化は次のようにもまとめられている。
  • 旧いままの地主ではなく、イギリスの植民地政策によって再編成され創り出されたものであること。
  • ザミンダーリー制では植民地の階級関係には手をつけず最大限の搾取を可能にしたこと。小作権は保障されなかったので、小作料が引き上げられるとそれを支払えない小作農は土地から追い払われた。そのため、地主の富裕化と小作農の貧窮化が進行した。
  • 地租が金納化されたことによって、地主・農民ともに商品経済にまきこまれ、農村の自給自足体制は破壊された。
 イギリスのインド征服が完了した1840年代に、インド農村はほぼ以上のような状態に到達していた。<吉岡/上掲書 p.53>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章2節 イ.植民地統治下のインドと大反乱
書籍案内

小谷汪之他
『変貌のインド亜大陸』
世界の歴史24
1978 講談社
インドとイギリス 表紙
吉岡昭彦
『インドとイギリス』
1975 岩波新書