印刷 | 通常画面に戻る |

徴税請負人

古代ローマの属州で徴税を請け負った有力者。

古代ローマにおいて、属州の徴税や公共事業を総督にかわって請け負う人。旧来の貴族ではなく、新興貴族にあたる騎士(エクイテス)といわれる有力者が任命され、プブリカヌスといわれた。徴税請負人になると、規定の額より多くの税額を徴収して、差額を総督の収入とし、自らも着服することができ、私腹を肥やし、富豪に成長するものが多かった。また属州民にとっては大きな負担となった。

徴税請負人の具体例

 属州シチリアの総督ウェレスのもとで、徴税請負人アプロニウスがどのような利益を得たか、次のような礼がある。前71年に総督ウェレスからレンティーニというポリスの小麦の「十分の1税」を21万6000モティエ(量の単位。1モディエは8.754リットル)で請け負い、レンティーニ人とは54万モディエを支払わせる契約を結んだ。この差額の32万4000モディエが「儲け分」である。その他、54万モディエの6%、すなわち3万2400モディエをそれに付加させ、さらにリベートとして3万モディエの小麦に相当する金額を受け取った。つまり38万6400モディエを手にしたわけである。ローマ人が1年に必要とする小麦の量がせいぜい40モディエであったから、この利益は莫大だった。現地の生産者がそれに従っていたのは、アプロニウスが「お前たちは脱税しようというのか」という恫喝があったからだ。<吉村忠典『古代ローマ帝国』1997 岩波新書 p.103>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 イ.地中海征服とその影響
書籍案内

吉村忠典『古代ローマ帝国』
1997 岩波新書