印刷 | 通常画面に戻る |

金玉均

きん・ぎょくきん。朝鮮王朝の独立党の指導者。1884年、甲申政変で日本に亡命したが、後に暗殺された。


金玉均 1851-1894
キム=オッキュン。朝鮮王朝(李朝)の開化派政治家として活躍、独立党を指導した。1872年に科挙試験に合格して官僚となり、1881年、82年に日本を訪問、日本にならって改革を進めることを決意した。
 1884年、クーデタを決行(甲申政変)し日本と結んで開化派政権を樹立したが、清の干渉で失敗し、日本に亡命した。1894年、上海で刺客に暗殺された。

日本での金玉均

 甲申政変に失敗し、独立党幹部の何人かは捕らえられ、閔氏一派に殺害された。金玉均、朴泳孝ら9名が辛くも王宮から脱出し、日本船に収容されて日本に亡命した。朴泳孝らは一時アメリカに向かったのに対し、金玉均は日本にとどまる道を選んだが、その約10年に近い亡命生活の境遇は悲惨なものがあった。金玉均は岩田周作と名乗って東京に潜行したが、日本政府はやっかい者扱いし、外務卿井上馨などは会おうともしなかった。ようやく当時は朝鮮の開化を応援していた福沢諭吉が金玉均らを自宅に招いてその労をねぎらった。その後金玉均は日本政府の命令によって遠く小笠原に移送され、そこで体調を崩したために北海道に移され、幽閉生活を送った。その間も朝鮮政府閔氏一派は刺客を送り、その機会をうかがっていた。金玉均は朝鮮独立の志は一日たりとも忘れてはいなかった。ようやく東京に戻った金玉均は、清国北洋大臣直隷総督李鴻章に会い、朝鮮改革を訴えようと上海に渡った。上海に着いた翌日の1894年3月27日、日本人経営の宿「東和洋行」で三発の銃弾を受けて倒れた。犯人の洪鐘宇は日本で金玉均に近づいて信頼され、シャンハイまでついてきた男だったが実は、閔氏一派が送り込んだ刺客だった。<姜在彦『朝鮮の攘夷と開化』1977 平凡社選書 p.172-186>

Episode 死体の処理を巡る疑惑

 李鴻章は金玉均の屍体を刺客洪鐘宇とともに北洋艦隊の軍艦で朝鮮に送った。朝鮮政府は漢江の江岸にある楊花鎮で屍体に「凌遅処斬」(あらためて体を切り刻むこと)の惨刑を加え、「謀叛大逆不道罪人玉均」と記した札を立てて、さらしものにした。日本では〝親日派〟金玉均の死は大々的に報じられ、追悼義金の募集などが始まり、清国の処置に非難が高まった。そしてその5ヶ月後に日清戦争が勃発する。
 しかし、金玉均の死を日清戦争に直接結びつけることはできない。また彼を〝親日派〟と持ち上げることは当時も、現在も日本の中でかなり根強い見方だが、その見方も間違っている。金玉均は日本に裏切られたのだった。金玉均の交友関係は広く、また書家としても名高くその書は生活の費えとしたので日本人もあらそって買っているので、日本人にも知己は多かった。しかし金玉均は日本の、特に政府、有力政治家には裏切られたという意識を強く持っていた。
 彼を上海に行かせたのは危険なことはわかっていたが、日本政府はそれを黙認した。また上海で刺客に襲われたとき、付き添っていたただひとりの日本人和田延二郎の証言によると、和田は遺体を日本に運ぼうとしたが、日本領事が妨害し、その棺を居留地警察の手から清国官憲の手に渡してしまったのだという。<姜在彦・同上>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 エ.東アジア国際秩序の再編
書籍案内

姜在彦
『朝鮮の攘夷と開化』
1977 平凡社選書