印刷 | 通常画面に戻る |

甲申政変/甲申事変

1884年、金玉均ら日本と結んだ独立党のクーデタ。清の干渉で失敗。

1884年に朝鮮王朝(李朝)の独立党によって起こされたクーデター。壬午軍乱以後、清は六〇〇〇名の軍隊を朝鮮に駐屯させ、その軍事力を背景に、閔氏政権に対し宗主権強化策を進めた。それに反発して、開化派の中の急進派である金玉均・朴泳孝は、日本公使竹添進一郎と結んでクーデタを計画、清が清仏戦争にかかわっている間をねらい、1884年12月、日本軍を動かして王宮を占領、高宗を擁立して閔氏一族の要人を殺害して実権を握った。しかし閔氏を支援する清軍が直ちに反撃、袁世凱の率いる部隊がクーデタ部隊を攻撃し、日本軍は撤退したため、開化派政権は三日で崩壊した。金玉均・朴泳孝等は日本に亡命した。翌年、日清両国は天津条約を締結、朝鮮出兵の際の相互事前通告などを取り決めた。

甲申政変と日本の関係

 日本政府の公式見解では、甲申政変(事変)に関して日本側は民間人であろうと竹添公使であろうと誰も関係していないとされている。しかし、このクーデター計画には日本政府と福沢諭吉らの民間人が関わっていたことが様々な史料から明らかになっている。山辺健太郎の著作『日韓併合小史』1966などによって述べると次のようになる。
 壬午軍乱後に日本を訪れた金玉均は福沢諭吉と会い、日本の明治維新以後の発展と資本主義文明の成果を見て、日本の後援で朝鮮の国内改革をやろうと決意した。そのためには親清派である閔氏一派の政権を倒さなければならぬと考え、クーデター計画を福沢諭吉と後藤象二郎に相談した。この動きは外務卿井上馨も知ることとなり、井上は福沢・後藤とともに金玉均を扇動してクーデターを日本軍の武力に頼っておこなうことにさせ、ソウル駐在の日本公使館竹添公使との間で詳細な計画が練られた。当時のソウルでは日本軍はわずか1個中隊にすぎないのに清軍は千五百名の兵が駐留していたが、竹添公使は少数の日本兵で清国兵を蹴散らすことができると金玉均をけしかけた。

クーデターの経過

 1884年12月4日、ソウル郵便局の落成式に閔氏一派の要人が参加して祝宴が開かれている間に、王宮で放火し、祝宴会場から王宮に駆けつけようとする要人を途中で殺害するという計画であったが、王宮放火に失敗したため、急遽作戦を変更し、金玉均らは国王を清国軍が攻めてくるとだまして王宮から景祐宮に移し、日本軍にその周囲を警備させた。要人が急いで景祐宮に駆けつけると金玉均は閔氏一派だけに入門の許可を出し、一人ずつ門内にひっぱりこんで次々と殺害した。その上で金玉均は朴泳孝ら親日派による政権の樹立を宣言したが、国民にその意図や方針を発表することはなかった。
 翌日朝、金玉均のクーデターを知った清軍(袁世凱)は国王の救出を廷臣から要請されたとして、景祐宮を守備する日本軍を攻撃、三時間で勝敗は決し、混乱する中、国王は清軍に保護され、金玉均・朴泳孝らは日本公使館に逃れたが親日派の何人かが殺害された。こうしてクーデターは失敗し、金玉均・朴泳孝らは日本に亡命した。<以上、山辺健太郎『日韓併合小史』1966 岩波新書 p.64-72 などによる>

福沢諭吉の脱亜論

 福沢諭吉は1880年に朝鮮の金玉均・朴泳孝らが日本に派遣した開化派と会って以来、その運動に協力し、朝鮮人青年を留学生として慶応義塾にうけいれた。1883年には金玉均の世話で44人の青年が慶応義塾に学び、その後陸軍戸山学校に入学しているが、彼らは甲申政変で行動隊として参加し、その後の朝鮮の開化運動の指導者となっていった。また福沢諭吉は、留学生が朝鮮に帰ってから近代的新聞『朝鮮旬報』を刊行することに協力している。このように福沢諭吉は朝鮮の開化派の運動の理解者、協力者であった。
 しかし、福沢諭吉の朝鮮問題にかんする議論は、詳細に見るとその独立を支援する側面と、日本の国権を朝鮮に広げようという意図を最初から認められる。朝鮮に対しては日本は常に優位に立つべきであり、「かの人民、果たして頑陋(がんろう)ならば之に諭して之に説く可し」(1882年『時事新報』3月11日付「朝鮮の交際を論ず」)と言っている。
 1884年12月、甲申政変が失敗した後、彼は有名な『脱亜論』を『時事新報』(1885年3月16日)に発表し、「我国は隣国の開明を待てともに亜細亜を興すの猶予ある可らず、寧ろ其伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、其支那朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に従いて処分す可きのみ」と主張するに至る。<姜在彦『朝鮮の攘夷と開化』1977 平凡社選書 p.172-186>
 日本では一万円札にも肖像が用いられ、国民的な偉人とされているが、韓国では今でも日本の一万円札を見ると不快になるという人がいるほど、福沢の人気は伊藤博文に次いで悪い。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 エ.東アジア国際秩序の再編
書籍案内

山辺健太郎
『日韓併合小史』
1966 岩波新書

姜在彦
『朝鮮の攘夷と開化』
1977 平凡社選書