印刷 | 通常画面に戻る |

閔妃/閔氏

朝鮮王朝の王妃。一族を登用し、ロシアと結んで実権を握ったが1895年、日本人に殺害された。

日本では「びんひ」と読むことが多いが、韓国語発音では「ミンビ」。朝鮮王朝(李朝)の高宗の王妃。諡号を明成皇后という。1873年、その出身氏族である門閥貴族の閔氏一族が、大院君を排除して実権を握った。はじめ強硬な鎖国政策を継続したが、日本の開国要求に屈し、日朝修好条規を締結して開国してからは、政権内に開化派が台頭した。それに対して閔妃一族は清と結ぶ保守派として事大党と言われるようになった。
 1882年の壬午軍乱(壬午事変)では一時政権を奪われたが、清に後援されて復活。事後は清の宗主国としての支配が強まった。1884年の甲申政変(甲申事変)では急進開化派のクーデタによって再び政権を追われ、この時も清の支援で政権に復帰した。日清戦争で清が敗北すると、ロシアと結んで日本の支配を排除しようとした。ロシアが三国干渉に成功して日本が清に遼東半島を返還すると、ますます閔妃の親日派に対する排除の動きが強まった。その動きを危ぶむ日本政府は、公使三浦梧楼らが暗躍し、1895年10月、日本軍人を含む暗殺隊を宮中に侵入させ、それによって閔妃は暗殺された(閔妃暗殺事件)。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 エ.東アジア国際秩序の再編
書籍案内

角田房子
『閔妃暗殺』
1988 新潮文庫