印刷 | 通常画面に戻る |

袁世凱

李鴻章の後継者として淮軍を率い、清朝に仕えた軍人。辛亥革命では皇帝を退位させ、孫文に代わって臨時大総統となり、独裁権を握る。最後は皇帝の地位を狙ったが失敗した。

李鴻章の部下として頭角を現した漢人の軍人で、淮軍の指揮権を継承した。日清戦争後は洋式軍隊である新建陸軍(新軍)の育成にあたり、戊戌の変法では康有為等に強力したが、戊戌の政変にあたっては、それを裏切り、清朝政府に認められて山東巡撫の地位についた。義和団事変では清朝政府の要請にも拘わらず外国軍との戦闘に加わらずに勢力を温存し、事変後に直隷総督・北洋大臣となった。日露戦争後は西太后の意を受けて光緒新政を取り仕切り、科挙の廃止などを断行した。

辛亥革命と袁世凱

 辛亥革命が勃発し、13省があいついで独立を宣言するという事態のなかで、清朝政府は北洋軍閥の軍事力を有する袁世凱を総理大臣に起用した。しかし袁世凱は権力を奪取する機会ととらえ、清朝と革命派の取引を開始、長江流域に利権を持つイギリスも清朝を見限り袁世凱を支援した。1912年1月1日、孫文が南京で中華民国建国を宣言し臨時大総統となったが、支持基盤は弱く、外国の支援もなかったので、孫文は袁世凱の要求を入れ、清朝皇帝の退位を条件として地位を袁世凱に譲ることを認めた。2月12日、清朝最後の宣統帝が退位すると翌日、孫文は臨時大総統を辞任し、後任に袁世凱が就任した。彼の率いる新軍は北洋軍閥といい、事実上私兵としてその独裁を支えた。

袁世凱の独裁

 袁世凱の野心を警戒していた孫文は、北京から南京に来て首都とすることと臨時約法を遵守することを約束させていたが、袁世凱はそれらを守らず、北京に居座って実質的な首都としてしまった。また、宋教仁らが中心になって結成し、議会政治・共和政治・民主主義を掲げる国民党(理事長は孫文)が、12月の選挙で大勝して第一党となると、危機感を感じて翌13年3月、宋教仁を暗殺し、国民党を弾圧した。これに対して、第二革命といわれる袁世凱の独裁に反対する運動が起こったが、鎮圧され、孫文は日本に亡命した。13年10月には正式に大総統に就任した。さらに翌年には臨時約法を廃止し、新たな憲法として中華民国約法を制定、独裁権力を強化した。

第一次世界大戦と袁世凱の帝政失敗

 1914年、第一次世界大戦が勃発すると袁世凱政権は中立を宣言したが、日本はドイツ基地のある青島を占領、さらに翌15年に袁世凱政府に対し二十一カ条の要求を提出した。5月、最後通牒を突きつけられた袁世凱政府はそれを受諾、激しい非難を受ける。袁世凱は帝政宣言を発して乗り切ろうとしたが、第三革命と言われる袁世凱帝政反対運動が起こり、日英露仏の列強も帝政に反対したためあきらめざるをえなかった。失意の内に袁世凱は1916年に死亡、北京政府は軍閥安徽派段祺瑞に継承され、軍閥の抗争が続くこととなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 エ.辛亥革命