印刷 | 通常画面に戻る |

セオドア=ローズヴェルト

アメリカ合衆国第26代大統領。19世紀末~20世紀初頭のアメリカ帝国主義政策を推進した。

 セオドア=ローズヴェルト Theodore Roosevelt 1858-1919 「ルーズベルト」とも表記。共和党マッキンリー大統領の副大統領をつとめていたが、1901年、大統領が暗殺されたため、憲法の規定により大統領に昇格した。在職1901~09年。マッキンリーと同じく、19世紀末から20世紀初頭のアメリカ帝国主義政策を推進した大統領である。 → アメリカの帝国主義外交政策

帝国主義の推進

 共和党員として地方議員やニューヨーク市公安委員長などを務めていたが中央政界では無名であったローズヴェルトが脚光を浴びるようになったのは、1897年にマッキンリー大統領の下で海軍次官に抜擢されてからであった。彼は共和党に属し、熱心に海外膨張主義を主張し、特にカリブ海への勢力拡大、中国市場に参画するためにハワイおよびフィリピンの領有を画策していた。彼の進めた膨張政策は1898年のアメリカ=スペイン戦争(米西戦争)を実現させたが、彼はその際には義勇兵を率いてキューバに侵攻し、名声を高めた。ついで1900年、共和党マッキンリー大統領の副大統領となった。

革新主義の標榜

 大統領としては、まず内政ではトラストや資本集中と金権政治家を攻撃し、富の公平な分配を主張して、反トラスト法の運用、労働者保護政策など革新主義(進歩主義)をとった。外政では力を背景とした実力外交を展開、棍棒政策と言われた積極的なカリブ海政策を進めた。その一つが、1902年にキューバに強要して憲法の中にプラット条項を加えさせた。さらに、パナマ運河建設権の獲得など帝国主義政策をとった。また日露戦争モロッコ事件では調停役をつとめ、1906年のノーベル平和賞を受賞した。09年にタフト大統領に代わったが、12年の大統領選挙に革新党(進歩党とも訳す)を結成して臨み、民主党のウィルソンに敗れ再任はならなかった。

「ローズヴェルトの系論(コロラリー)」

 セオドア=ローズヴェルトは、カリブ海域に対する積極的な介入を行う際に、モンロー主義を拡大解釈して正当化した。それは1904年に年次教書として示したもので、アメリカ外交の基本はヨーロッパ諸国の中南米諸国への干渉を許さず、アメリカ合衆国の国益を守るためであればアメリカ自身が干渉する、という主張であり、「慢性的な不正と無能」に陥っている中南米諸国に対して国際的警察力としてアメリカが干渉は正当であるとも主張した。これは「ローズヴェルトの系論」 Roosevelt Corollary to the Monroe Doctorine といわれ、アメリカのカリブ海政策による干渉を正当化する理屈とされた。カリブ海域を自国の防衛および経済活動に不可欠な地域と位置づけ、勢力圏として支配しようという棍棒外交の身勝手な拡大解釈であったが、ケネディキューバ革命に対して出した進歩のための同盟や、レーガンの一連のカリブ海域諸国への干渉もその「系論」で行われた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 カ.アメリカ合衆国