印刷 | 通常画面に戻る |

レフォルマ戦争

1855~61年、メキシコの自由主義改革派と保守派の内戦。ナポレオン3世のメキシコ出兵の口実とされた。

独立を達成した後のラテンアメリカでは独立戦争で活躍した軍事力を持つクリオーリョ出身の地域ボス(カウディーリョという)が台頭した。メキシコ共和国でのサンタ=アナ独裁がそれにあたる。その独裁政権は1855年に倒れ、メスティーソ出身のフアレスを中心とした自由主義改革が始まり、1857年にはメキシコ共和国憲法が制定された。その他一連のフアレスらによる自由主義的変革をレフォルマ革命とも言う。

改革派と保守派の対立

 しかし教会勢力を背景とする保守派も巻き返し、改革派と保守派は1858~61年にかけてレフォルマ戦争という内戦を展開した。レフォルマとは「改革」を意味する言葉であり、改革派は議会政治、信仰の自由、言論の自由、通商の自由などを主張し、メスティーソがその運動の中心であった。また保守派は「伝統と秩序」を掲げるクリオーリョの地主層、カトリック教会などが基盤であった。またアメリカ合衆国は改革派を、スペインは保守派を支援した。
 この内戦は一進一退を続けながら、最終的にはフアレスの指導する改革派が勝利したが、この内戦に乗じてフランスのナポレオン3世がメキシコの負債未払いを口実にメキシコ出兵を実行し、1861年にフランス軍を上陸させ、傀儡政権としてハプスブルク家のマクシミリアンを皇帝に据えた。それに対しするフアレスらのメキシコ共和国軍が激しく抵抗し、メキシコ内乱が始まり、1867年まで続き、共和国の勝利となる。 → フアレスの独裁政治 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章2節 ウ.ラテンアメリカ諸国の従属と抵抗