印刷 | 通常画面に戻る |

宋教仁

辛亥革命期の革命家。臨時約法の制定に尽くし1913年に袁世凱に暗殺される。

湖南省の生まれで、1903年、同郷の黄興らと清朝の打倒をめざす革命組織、華興会を組織した。翌年の長沙蜂起に失敗し、日本に亡命し、さらに1905年、興中会の孫文が日本に亡命すると、革命各派を糾合して中国同盟会を組織しそれに合流した。中国に戻って革命工作を続け、武昌蜂起を指導して辛亥革命を実現し、その後は最も急進的な民主革命を追求した。彼は中国における議会制民主主義を実現しようとして、日本亡命中に早稲田大学で世界の憲法や議会制度を学び、臨時約法(憲法)の成立に努力し、袁世凱政権の下で12年3月、その成立を実現させた。同年、議会政治の開始に備えて、公開政党として国民党を組織し、13年の選挙では第一党となったが、議会制民主主義の実現を恐れた袁世凱によって同年3月20日、暗殺されてしまった。袁世凱の独裁に反対した国民党は第二革命を起こすが、武力によって弾圧され、国民党も解散させられた。

宋教仁、31歳で暗殺される

(引用)1913年3月20日の夜、上海駅に革命派のリーダーだった黄興らの姿があった。いまや彼らは中華民国の暫定的な憲法である臨時約法に基づいて、実施された選挙の結果選ばれた国会議員だった。北京へむかう列車の出発時刻が近づき、彼らが待合室から出たところ、突然“ぱーん”という乾いた音がひびいた。何ごとかとふりかえった黄興の前で、うめき声を上げて倒れ込んだのは、この選挙で圧勝した国民党の事実上の党首である宋教仁だった。つづいて二発の銃声が鳴り、あたりは騒然となった。病院にかつぎこまれた宋教仁は手術を受けたが、背後から撃たれた傷は腹部に達し、すでに手遅れの状態だった。22日未明に宋教仁は死んだ。享年わずか三十一。やがて犯人は逮捕されたが、その背後にいた黒幕は中華民国の臨時大総統である袁世凱だった。<菊池秀明『ラストエンペラーと近代中国』2005 講談社 中国の歴史10 p.165>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 エ.辛亥革命
書籍案内

菊池秀明
中国の歴史10『ラストエンペラーと近代中国』
2005 講談社