印刷 | 通常画面に戻る |

国民党

1912年、袁世凱の独裁に反対して孫文、宋教仁らが結成した政党。

1912年8月、中国同盟会など4つの政治結社が合流した政党。北京の中華民国政府の袁世凱の独裁に対抗し、選挙で議会の多数を占めることを目指す公開政党として組織された。孫文が理事長に選出されたが、実権は議会制民主主義の実現を目指していた宋教仁らがにぎっていた。孫文は、中国では議会制民主主義は困難と考え、有能な人物(つまり孫文自身)による専制による革命を主張していたので、宋教仁に対しては批判的であった。1913年に臨時約法にもとづく選挙が実施されると、国民党は大勝したが、危機感を持った袁世凱は宋教仁を上海で暗殺(13年3月20日)、国民党も抵抗できず解散した。孫文は、1914年に残存勢力を集めて中華革命党を東京で結成、再び秘密結社方式に戻った。その後、1919年の五・四運動を機に中国国民党に改組され、公開政党に戻る。<横山宏章『中華民国』中公新書 1997 p.32~36> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 エ.辛亥革命
書籍案内

横山宏章
『中華民国』
1997 中公新書