印刷 | 通常画面に戻る |

南京事件

1927年、北伐軍のせまる南京で外国人が殺傷された事件。

 第1次国共合作下で、国民革命軍の北伐が迫った1927年3月24日、南京で民衆暴動が起こり、アメリカ・イギリス・フランスの領事館・外国人住居・教会などが暴徒に襲われ、外国人6名が殺害されるという事件が起こった。アメリカとイギリスは報復として長江に軍艦を派遣し南京を砲撃、中国側に約2000人の死傷者が出た。暴徒は敗走する軍閥兵に扇動されたらしいが、アメリカ・イギリスは共産党員のしわざとして蔣介石に共産党排除を強く要求した。蔣介石はそれを受けて4月12日、上海クーデターで北伐軍から共産党勢力を排除した。

南京事件の日本政局への影響

 南京事件の際、日本の若槻首相・幣原喜重郎外相はアメリカ・イギリスからの共同出兵を要請されたが断り、国内の軍部・右翼から軟弱外交と非難され、おりからの金融恐慌に対する閣僚失言もあって総辞職し、次の田中義一内閣は積極外交に転じ、山東出兵を行うことになる。(1937年の日中戦争中の日本軍による南京虐殺事件とは別なので注意すること。)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ウ.国民党と共産党