印刷 | 通常画面に戻る |

上海クーデター/四・一二事件

1927年、北伐中に蔣介石が行った共産党勢力の排除した事件で、上海の労働者多数が殺害された。これによって第1次国共合作が破綻した。

 1927年4月12日、北伐途上の蔣介石上海で行った反共産党のクーデター。四・一二事件(しいちにじけん)ともいわれる、共産党に対する大弾圧。
 上海では北伐軍が到着する前、3月、共産党の周恩来などに指導された労働者が武装蜂起、軍閥軍を撃退し臨時政府を樹立していた。共産党の力を恐れた蔣介石は上海の労働者政権の弾圧を決意、4月12日、上海のチンバン・ホンバン(上海のギャング団)が労働者団を襲撃したのをきっかけに国民革命軍を市内に突入させ、労働者・市民を虐殺した。周恩来は脱出したが、共産党は上海から排除された。
 さらに広東・北京でも共産党員に対するテロがひろがり、多数が殺害された。(李大釗もこのとき北京で張作霖軍によって逮捕され処刑された。)武漢政府はなおも共産党員が残ったが、同年7月には離脱し、第1次国共合作はこれによって瓦解した。

蒋介石の決断の背景

 1927年3月26日、蒋介石が上海に入ると、資本家の団体である上海総商会は彼に早期の安定回復を求めた。特に浙江財閥を代表する宋家一族の長女、宋靄齢(あいれい)は蒋介石個人に財政援助を申し出るとともに、労働運動によって上海租界が回収され、貿易に支障をきたすことのないよう訴えた。共産党指導下の労働組合である上海総工会は、蒋介石に反対して大規模なストライキを計画していたという。また国民党内でも共産党の行動を「行き過ぎ」と批判する声が強まった。北京大学学長を辞任し国民党の元老となっていた蔡元培は非暴力の立場から、共産党が国民革命を破壊していると批判した。こうした内外の圧力を背景に、蒋介石は共産党との決別を決意した。戒厳令を実施させると自らは上海を離れて、共産党弾圧の汚れ役は、杜月笙(とげっしょう)の率いる秘密結社青幇(チンバン)などに押しつけた。
 上海クーデターで共産党を排除することに成功した蒋介石と、上海の資本家浙江財閥の結びつきは強まり、同年9月、蒋介石と宋靄齢の妹の宋美齢との結婚が成立した。宋姉妹の次女宋慶齢は孫文夫人であったので、蒋介石は孫文の義理の弟ということになり、中華民国指導者としての正当性を獲得するという、絶大な政治的効果を生んだ。<菊池秀明『ラストエンペラーと近代中国』中国の歴史 10 2005 講談社 p.246,264>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ウ.国民党と共産党
書籍案内

菊池秀明
『ラストエンペラーと近代中国』中国の歴史 10
2005 講談社