印刷 | 通常画面に戻る |

国共分裂

1927年の蔣介石の上海クーデターによって第1次国共合作が崩壊。

1927年4月の上海クーデターで蔣介石は共産党の排除に転じた。蔣介石が左派を排除して南京国民政府を樹立したのに対し、汪精衛ら国民党左派と共産党勢力は武漢政府を樹立して蔣介石を国民党から除名するなどして抵抗した。しかし武漢政府内にも反共勢力が台頭して分裂。コミンテルン(実質的にはソ連のスターリン)は国共合作の継続を継続したが、7月共産党は武漢政府を離脱、国民党も容共政策の破棄を声明して第1次国共合作は破綻した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章3節 ウ.国民党と共産党