印刷 | 通常画面に戻る |

スルタン=カリフ制

オスマン帝国のスルタンがカリフの地位を兼ねる制度。1517年にマムルーク朝を滅ぼし、メッカとメディナの保護権をえたことによってカリフの称号を得たとされるが、実際には18世紀にスルタンの権威を強調するために言われるようになったと考えられている。

 オスマン帝国の君主は、14世紀末のバヤジット1世の時からイスラーム世界の世俗権力(政治的・軍事的権力)であり、カリフから与えられる建て前のスルタンを称していた。さらに1517年にエジプトのマムルーク朝を滅ぼしてから、イスラーム世界(主としてスンナ派)の宗教上の最高指導者としてのカリフの地位を兼ねることとなったとされている。

カリフを称した事情

 ムハンマドの後継者を意味する、イスラーム世界の最高の宗教指導者であるカリフの地位は、アッバース朝で世襲されていたが、政治の実権はブワイフ朝の大アミール、セルジューク朝のスルタンに移っていった。バグダードに形式的に存続していたカリフは、モンゴル帝国によってバグダードが占領されたときに殺害されてアッバース朝滅亡となった。しかし、その時カリフ一族の一人がカイロに亡命したという。その子孫はマムルーク朝のもとで保護され、カリフ継承権を持ち続けていたが、1517年、オスマン帝国のスルタンセリム1世がカイロを占領し、マムルーク朝を滅ぼしたとき、カリフ継承権を譲り受け、以後、スルタンがカリフを称することが出来るようになった、とされている。 → オスマン帝国の特徴

補足 スルタン=カリフ制は伝説?

 オスマン帝国のスルタンはマムルーク朝の庇護を受けていたアッバース朝のカリフから、カリフの地位も受け継いだ(禅譲された)と説明されている。しかし、16世紀のオスマン帝国の史料にはカリフ位を継承したことの言及はない。それが言われるようになるのは18世紀のことである。そこでスルタン=カリフ制は伝説であり、18世紀にオスマン帝国がロシアによってクリミアを奪われた頃、ムスリムの中心にオスマン帝国が存在することを訴えるために強調されるようになったことであるとの見解もある。<鈴木董『オスマン帝国 -イスラム世界の柔らかい専制-』1992 講談社現代新書 p.138>

カリフ擁護運動

 19世紀から20世紀のオスマン帝国末期に、青年トルコ革命や第1次世界大戦でのオスマン帝国の敗北によってスルタンの権威が無くなったが、同時に民族主義運動がアジア各地で活発になると、イスラーム世界の宗教的、普遍的な権威であるカリフを擁護する運動が起こってきた。それはトルコだけでなく、とくにインドのイスラーム教徒の中で強く、この苦難にあるオスマン帝国のカリフを擁護すべきであるという運動をヒラーファット運動をいう。インドの反英民族闘争を指導していたガンディーは、彼自身はヒンドゥー教徒であったが、このカリフ擁護運動と連帯することを主張した。

スルタン=カリフ制の終わり

 第一次世界大戦の敗北をきっかけに起こったトルコ革命を指導したムスタファ=ケマルは、トルコ人の民族的独立と近代的な国家建設を目指した。その中で、1922年にアンカラのトルコ大国民議会はまず、オスマン帝国のスルタンとカリフを分離させて、スルタンを廃止することが決定された。これによってオスマン帝国は正式に終わりを告げた。最後のスルタン、メフメト6世はマルタに亡命した。ただし、この時点ではオスマン家は政治的権力を無くしたが宗教的権威は維持し、カリフとして残っていた。しかし、1923年にはトルコ共和国が成立し、翌24年にはカリフ制も廃止され、オスマン帝国は完全に姿を消し、ケマルによる世俗化を柱とした諸改革が進行することとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章3節 トルコ・イラン世界の展開
書籍案内

鈴木董
『オスマン帝国 -イスラム世界の柔らかい専制-』
1992 講談社現代新書