印刷 | 通常画面に戻る |

侵略の定義に関する条約

1933年、国際連盟主催のジュネーヴ軍縮会議でソ連代表リトヴィノフが提案。東欧諸国間で締結された。

ジュネーヴ軍縮会議で提案

 ジュネーヴ軍縮会議(1932~34年)は、イギリス・フランスなどとナチス=ドイツの対立から、成果を収めることができず、ヴェルサイユ体制の矛盾点が明らかとなって閉会したが、注目すべき副産物を生んでいる。
 ソ連は1933年の世界的なファシズム、軍国主義、侵略的軍事行動の高まりに強い警戒心を抱いた。そこで外務人民委員となったリトヴィノフは、2月6日、ジュネーヴ軍縮会議の席上、「侵略」に弁明と口実を与えないために「できるだけ正確に侵略を定義する」ことが必要であるとして、「侵略の定義に関する条約」を提案した。この提案は、軍縮会議では成功しなかったが、同年7月3日、ソ連邦とポーランド・ルーマニア・トルコ・エストニア・ラトヴィア・アフガニスタン・イランとのあいだに「侵略の定義に関する条約」が成立、さらに7月中に東欧諸国を中心に締結国が増大した。<斎藤孝『戦間期国際政治史』1978 岩波書店 p.146>
 これは第二次世界大戦前のことで、結局、各国は様々な口実を設けて、侵略を激しく行うこととなった。ドイツや日本だけでなく、ソ連もその例外ではなかった。スターリン体制が確固たるものになると、レーニンの「平和についての布告」とこのリトヴィエフの「侵略の定義に関する条約」をソ連自身が棚上げにして、バルト三国やポーランドを侵略し、占領してしまった。

国連の「侵略の定義に関する決議」

 第二次世界大戦後、まだ冷戦体制が続く中、国際連合が1974年に「侵略の定義に関する決議」を採択している。それには「侵略とは、国家による他の国家の主権、領土保全もしくは政治的独立に対する・・・武力の行使であって・・・」など、8項目にわたって規定しているという。

Episode 侵略の定義はない?

 2013年4月23日、安倍晋三首相は国会答弁で「侵略という定義は学会的にも国際的にも定まっていない。国と国の関係でどちらから見るかで違う」と語った。これはいわゆる村山談話が日本のアジア諸国に対する侵略と植民地支配責任を認めたことを「そのまま継承しているわけではない」という同月22日の答弁に続いて出てきた言葉であった。1974年の国連決議については、朝日新聞の4月30日付「声」欄で、埼玉県志木市の三浦永光さんが「安倍首相は侵略解釈を改めよ」という投稿の中で述べておられることから教えられた。
 安倍首相の言っているのは、朝鮮植民地化や満州事変以降のできごとは、朝鮮や中国は侵略と言うでしょうが、日本から見れば侵略ではありません、ということだ。なんとも一方的、しかも浅薄な歴史認識であることか。一国の首相としてはそのあまりにお粗末な発言である。