印刷 | 通常画面に戻る |

国際刑事裁判所/ICC

2003年に発足した、戦争犯罪や集団虐殺、人道に反した個人を裁く国際裁判所。

 The International Criminal Court  戦争犯罪や集団虐殺、人道に反する罪を犯した個人を裁く常設の裁判所。1998年の各国外交官会議で採択された裁判所設置に関するローマ規定によって設立が決定し、60ヵ国以上の批准を経て2003年にオランダのハーグ(「国際法の街」と言われ国際司法裁判所もあるところ)に設置され活動を開始している。
 従来の旧ユーゴスラビアやルワンダ、カンボジアなどの個別の国際法廷とは異なり、常設である。EU諸国は全面的に賛同しているが、アメリカは自国の兵士が標的にされることを懸念して終始批判的で、クリントンは渋々署名したが、ブッシュ(子)は署名を撤回、ICCから脱退した。このようなアメリカは反国連、単独行動主義と非難されている。ロシア・中国という大国も加盟していない。日本も長く未加盟であったが、2007年10月に105ヵ国目の加盟国となった。2009年には常設の国際裁判所ととしては初めて、現職の国家元首であるスーダン共和国のバシル大統領をダルフール紛争の残虐行為の責任者として逮捕命令を出し注目されている。
なお、国際司法裁判所(ICJ)は国際連合の司法機関で、国家間の紛争を裁く裁判所であり、ICCはそれとは異なる機関である。
印 刷
印刷画面へ