印刷 | 通常画面に戻る |

ソ連の対日参戦

1945年8月8日、日ソ中立条約を破棄してソ満国境で一斉に侵攻。

 第二次世界大戦の最末期、1945年8月8日、ソ連は対日宣戦布告を行い、翌9日、一斉に150万の軍が国境を越えて満州に進撃した。これはアメリカ・イギリスの要請を受けて合意したヤルタ協定に基づいての行動であった。日ソ間には日ソ中立条約(不可侵条約)があったが、4ヶ月前の4月5日に、ソ連側から条約期限延長拒否の通告があったものの、破棄通告は1年前とされていたので日本にとっては不意打ちを受けたこととなった。関東軍はほとんど抵抗できず敗北、この前後のアメリカ軍による広島・長崎への原子爆弾の投下とともに、太平洋戦争・第二次世界大戦を終わらせることとなった。日本側は10万人の死傷者、20万が捕虜となり、シベリアに抑留された。同じく、千島列島にもソ連軍は侵攻し、8月15日以降も戦闘行為を継続し、日本固有の領土であった歯舞・色丹・国後・択促の4島を占領した。9月3日までに満州・樺太・千島列島・北方4島全域を制圧した。 → 北方領土問題 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章5節 エ.ファシズム諸国の敗北