印刷 | 通常画面に戻る |

国際司法裁判所

国際連合の主要機関の一つ。オランダのハーグに置かれている。

 国際連合の主要機関で国家間の紛争を裁く裁判所。国際連盟の外部機関であった常設国際司法裁判所と同じく、オランダのハーグにおかれている。訴えを提起できるのは、個人ではなく国家だけで、裁判が行われるには訴えられた国の同意も必要とされる。またある国がある事件について国際司法裁判所の管轄権を認める場合、その国は、裁判所の判決に従うことを約束しなければならない。さらに国連のその他の機関も、国際司法裁判所に勧告的意見を求めることができる。裁判官は15名で、総会と安全保障理事会によって選ばれ、同じ国から2名を選ぶことはできない。判決を下すためには、9名の裁判官の賛成が必要とされる。
 裁判係争例としては、1984年のニカラグア事件(アメリカのニカラグアへの介入を集団的自衛権の行使と判定しなかった)、1992年のエルサルバドルとホンジュラスの間の陸上・海上国境線画定に関する判決、デンマークとノルウェーの間の大陸棚と漁場を分ける海上境界線に関する紛争、1993年の旧ユーゴスラビア諸国での国連ジェノサイド条約適用の問題についての判決などがある。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章1節 ア.戦後の国際政治・経済秩序