印刷 | 通常画面に戻る |

中印国境紛争

1962年、中国とインドの間で起こったヒマラヤ地方の国境紛争。

 1962年10月に起こった中国軍とインド軍の国境での衝突。中印戦争ともいう。中国とインドは1954年に周恩来ネルーの間で「平和五原則」による友好関係を成立させていた。また、ネルーは非同盟主義を提唱し、二大陣営のいずれとも同盟関係を結ばないことをインド外交の方針としていた。

チベットの反乱から国境紛争へ

 ところが、1957年ごろからヒマラヤ山中の両国国境をめぐって対立が始まった。1959年にチベットの反乱が起こり、ダライ=ラマ14世がインドに亡命したことから対立は決定的となった。ネルーは中国との友好という原則があるとはいえ、チベットの保護とインドの安全のためには軍事行動もやむを得ないと表明した。
 1962年10月、中国軍が中印国境の東部(1914年、イギリスの仲介で設けられたマクマホン=ライン)と西部(カシミール地方)で軍事行動を開始、インドも「祖国防衛」を呼びかけ応戦し、戦争状態に入った。しかし、インド軍は全戦線で中国軍に圧倒され、苦境に立たされることになった。

ネルー、非同盟外交政策を放棄

(引用)厳寒のヒマラヤで夏服で戦ったインド軍が壊滅的な敗北を被り国中がパニックに陥った。ネルーはケネディに支援を要請し、ケネディはネルーの体面を保ちながら支援に踏み切った。十一月下旬中国は一方的に休戦を宣言し、兵を引き揚げた。この戦争は米印関係を好転させたが、ネルーの非同盟主義が破綻したことを明らかにした。中印戦争でソ連は中立を保ち、それ以上に非同盟主義で連帯する国家でインドを支援した国はほとんどなく、その政策を常に批判していたアメリカから支援を受けざるを得なかったのである。この対米傾斜はアメリカの同盟国パキスタンを中国に接近させた。このときすでに病気であったネルーは、64年5月死亡した。<猪木武徳/高橋進『世界の歴史29 冷戦と経済繁栄』p.138>

未解決の中印国境問題

 中印国境紛争は「宣戦布告なき戦争」であった。中国軍は優勢なまま、全面的な停戦と撤退を表明した、東部ではインドの主張するマクマホン=ラインを中国は承認せず、西部のカシミール地方ではインドが自国領であるとするアクサンティ地区を中国は実効支配し、自動車道路を建設している。この戦争開始と共にインドと中国はそれぞれ大使を引き揚げ、外交関係は断絶したが、中国はソ連、インドはパキスタンというそれぞれ新たな敵対国があらわれたため、ようやく1976年に大使を交換し外交関係を再開させた。しかし、国境問題は依然として未解決のまま、棚上げされた状態である。 → インド=パキスタン戦争
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 ア.アフリカ諸国の独立
書籍案内

猪木武徳/高橋進
『世界の歴史29
冷戦と経済繁栄』
2010 中央文庫