印刷 | 通常画面に戻る |

平和五原則

1954年、周恩来とネルーの間で合意された国際関係上の遵守すべき5原則。「領土保全及び主権の相互不干渉・相互不侵略・内政不干渉・平等互恵・平和的共存」の5項目で、冷戦下の米ソ対立の中での第三世界諸国の存立の基本とされた理念であった。

 1954年、チベット問題で協議した中国の周恩来とインドのネルーの間で、両国関係の5原則が合意された。インドでは「パンチャシラ(パンチャが5、シラが原則の意味。インドネシアの建国五原則もパンチャシラという。)」という。具体的には1954年4月のインドと中国の中印協定の前文として示された。

平和五原則の内容と意義

 その内容は、領土保全及び主権の相互不干渉・相互不侵略・内政不干渉・平等互恵・平和的共存。周恩来とネルーは、中国・インド両国だけではなく、冷戦下の世界に広く適用されるべき原則とするため、共同声明として発表した。翌1955年にはインドネシアのバンドンで第1回アジア・アフリカ会議が開催され、この五原則をふまえた、「平和十原則」が策定された。

平和五原則は守られたか

 1954年に成立した平和五原則は第二次世界大戦後の国際政治のあり方の新しい原則として広く知られ、またその意義は大きいものがある。中国は今でも公式には平和五原則を掲げている。しかしインドと中国の実際の関係はどうなったかというと、早くも1957年ごろからヒマラヤ山中の両国国境をめぐって対立が始まり、1959年にチベットの反乱が勃発してダライ=ラマ14世がインドに亡命したことから対立は決定的となりって、1962年10月に中印国境紛争という戦争状態に入ってしまった。ネルーはこのとき、アメリカの支援を要請したので、非同盟主義の旗印も色あせてしまった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 ア.アフリカ諸国の独立