印刷 | 通常画面に戻る |

インド人民党

1980年代に急速に台頭したヒンドゥー至上主義を理念とするインドの政党で、1998年に政権を獲得した。2004年に一旦下野したが、その間、経済成長と穏健な外交に転換、2014年に政権に復帰している。

 現代インドの政党で、結成は比較的新しく、1980年。Bharatiya Janta Party 略称はBJP。ヒンドゥー至上主義をその理念とし、戦後のインドの政治を支配していたインド国民会議派が企業の国有化など社会主義的な政策を採るようになったことに反発し、自由主義経済の徹底を主張、汚職などの政権の腐敗を根絶することをかかげている。指導部には上位カースト出身者が多い。
 そのもとは、1925年に創設された「民族奉仕団」という大衆組織にあり、ヒンドゥー教徒としての自覚を高め、相互の紐帯とするのが目的であったが、次第に民族主義的主張を強め、1951年にジャン・サング(大衆連盟)という政党となった。幾つかの政党と離合集散を経て、反イスラームを標榜し、地主・中小資本家、都市中間層を基盤とした政党として1980年にインド人民党と改称した。「人民党」を名のるが、その支持基盤は労働者大衆ではないことに注意しよう。

アヨーディヤ襲撃事件

 1992年12月、インド人民党を先頭とするヒンドゥー至上主義者は、アヨーディヤのバーブリ・マスジットといわれるイスラーム教モスクを襲撃して破壊した。このモスクは、ムガル帝国の開祖バーブル配下の軍人が、1523年に建立したもので、インド=イスラーム文化の遺産のひとつであった。インド人民党の行動隊がこのような破壊活動を行った理由は、この地はモスクが建てられる前は、ヒンドゥー教の聖地であるラーマ寺院があったところである、ということであった。インド人民党などのヒンドゥー至上主義(ヒンドゥー原理主義ともいう)の指導者は、インドを純粋なヒンドゥー教国家にすることを主張し、早くからアヨーディヤのモスクを破壊するキャンペーンを展開しており、その主張を実行したものであった。
 この破壊行為に対し、インド政府のラーオ首相(ラジブ=ガンディー暗殺により、会議派指導者となった)はその活動を抑えることをせず、黙認の姿勢に終始した。そのため、ヒンドゥー至上主義者のイスラーム排斥運動はさらに激化した。 → コミュナリズム

インド人民党の政権獲得

 1996年の総選挙ではじめて連立政権に参加、1998年の総選挙でインド国民会議派が敗北し、政権交代が実現、インド人民党のヴァージーぺーイー(日本ではバジパイと表記された)が首相となり政権を担った(04年まで)。カシミールで国境問題を抱えるイスラーム教国パキスタンに対しては強硬姿勢をとり、同年5月、軍事目的でインドの核実験を強行した。それに反発したパキスタンが数日後に地下核実験に踏み切り、核保有国となったことによって、南アジアでの核戦争の危機が懸念されている。
 この間、ヒンドゥー至上主義者によるイスラーム教徒に対する強硬姿勢はますます強まり、2002年にはアーメダバードでによるイスラーム教徒襲撃事件で約千人の犠牲が出るなど宗教対立が相次いだ。

下野と復帰

 しかし、2004年の総選挙では、インド国民会議派に第1党の座を譲った。これは、過激な反イスラーム姿勢をとり続けるインド人民党に対し、穏健なヒンドゥー教徒の支持が離れた結果であると考えられた。下野したインド人民党は、それまでの宗教対立(コミュナリズム)を煽ることによって党勢を広げてきた従来の手法を転換せざるを得なくなった。
 2014年の総選挙では、新たに党首となったモディ党首の下で、経済成長を最優先する政策を前面に打ち出し、「全国民とともに」という表現で反イスラーム色を薄めることに努めた結果、第1党の座に返り咲いた。モディ首相は2014年5月の首相就任式に初めてパキスタンのシャリーフ首相を招待、15年12月には自らパキスタンに赴いて首脳間の会談を行うなど、従来の対決一点張りの姿勢を見事に修正した。カシミール帰属問題の現地では、なおも緊張が続いているが、衝突は避ける気運が出ている。
 モディ首相で目立つのは積極的な外交であり、特に中国に対しては、習近平が打ち出している一帯一路政策を牽制しながら、上海協力機構には参加し、経済協力の姿勢をとっている。また中国に対する牽制の上でも日本との関係は重視しているようで、安倍内閣とは密接な連携をとっている。インド人民党はかつてのような宗教ナショナリズムを前面に出すのではない、現実的な経済成長や、外交・安全保障策をとる政党へと脱皮したと評価できるが、なお今後の国内問題、外交問題の舵取りが注目される。
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

中村平治
『インド史への招待』
歴史文化ライブラリー
1997 吉川弘文館