印刷 | 通常画面に戻る |

紅衛兵

中国の文化大革命で毛沢東を支持した青少年が組織した先鋭的な運動体。

 中国のプロレタリア文化大革命の時、毛沢東を熱烈に支持し、「造反有理」を掲げた少年・少女たちの運動体。1966~68年ごろが高揚期で、「紅衛兵」の腕章をして全国で激しい破壊活動(武闘)を展開、党幹部や芸術家など従来の権威に対して「自己批判」を強要し、多くの人が犠牲となった。『毛沢東語録』を手に手に北京に集まった紅衛兵に対し、毛沢東もその運動を認め利用しようとした。しかし、次第に統制がとれなくなり、内部対立も起こって運動は沈静化し、彼らは「上山下郷」運動(山岳地帯や農村の民衆の中に入る)に転じていった。
 紅衛兵が掲げた「造反有理」は、戦後の経済繁栄の中で疎外感を強めていた先進国の若者の心もとらえた。1968年のフランスの五月危機や、アメリカのベトナム反戦運動、さらに日本の学生運動にもそれを真似る学生が続出し、東大闘争でも赤門に「造反有理」の立て看板が立ち、各地の大学で教授に自己批判を迫る「つるし上げ」が続発した。

紅衛兵の始まり

 1966年5月25日、北京大学で「中央文革小組」の支持を受けた講師・聶元梓ら七人が陸平学長ら指導部を激しく批判する大字報(壁新聞)を貼りだした。5月29日、清華大学付属中学(日本の高校に相当)の約四〇人の学生によって紅衛兵と呼ばれる組織が誕生した。6月一日、毛は聶元梓らの大字報を「20世紀60年代における中国のパリ・コミューンの宣言書である。その意義はパリ・コミューンを凌いでいる」と称え、ラディカルな学生の動きを積極的に支持した。以後急速にさまざまな紅衛兵の組織が作られていった。

Episode 円明園で誕生した紅衛兵

 初めて「紅衛兵」を名乗ったのは、北京の清華大学付属中学の生徒の張承志だった。彼の回想『紅衛兵の時代』によると、彼らは学校の隣の円明園の廃墟に集まり紅衛兵を発足させたという。その一文。
(引用)当時は円明園の廃墟が私たち造反派学生のたまり場になっていた。ここは第二次アヘン戦争の時、英仏侵略軍に焼き払われてからこの当時に至るまで一面の廃墟で、ところどころ水田が点在していた。学校と円明園は一本の通りで隔てられていただけで、付属中の生徒たちは朝早く円明園に行って本を読み、夕方にはここを散歩するのを好んでいた。(1966年)五月下旬、円明園は私たちの秘密の活動の隠れた基地となり、いつもこの廃墟で情勢を検討し、対策を講じた。私たちの心は、革命者が非合法活動に従事するさいの高揚した感情と、闘争や犠牲へのあこがれに満たされた。・・・<張承志『紅衛兵の時代』1992 岩波新書 p.46>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第16章3節 ウ.動揺する中国
書籍案内

張承志
『紅衛兵の時代』
1992 岩波新書