印刷 | 通常画面に戻る |

神聖文字/ヒエログリフ

ヒエログリフ
死者の書の一部

古代エジプトの象形文字、ヒエログリフ。

 古代エジプトの絵文字の一つで、神聖な碑文に用いられたので、神聖文字、または聖刻文字と言われる。それを簡略化したのが神官文字(ヒエラティック)、その筆記体が民用文字(デモティック、民衆文字ともいう。)である。ナポレオンのエジプト遠征の際に発見されたロゼッタ=ストーンに掘られたヒエログリフをフランス人シャンポリオンが解読(1822)した。→ 文字
 ヒエログリフという言葉は、ギリシア語で「神聖」を意味するヒエロスと、「刻む」を意味するグリュペインから来ている。古代エジプト人には、トトという神が文字を発明し、人間に授けたと信じられており、トトはまた書記たちの守護神であった。最古のヒエログリフは紀元前3000年紀にさかのぼり、ローマ時代のエジプトまで使用されていたが、その数千年間、文字数は増えたが、字形はほとんど変化が見られなかった。<以下、ジョルジュ=ジャン/矢島文夫訳『文字の歴史』1990 知の再発見双書 創元社 p.29-47 による>

文字の種類と向き

 ヒエログリフはおおざっぱに言って3種類の文字があった。まず事物を表す絵文字や図形があり、組み合わせて観念的な事象を現すこともできた。次に表音文字があり、これは音しか表さない。3つめが意味を限定するための文字で、もっぱら他の文字について、その意味を明確にするためののもであった。
 ヒエログリフの解読が困難な理由のひとつは文字の配列である。原則として右から左に詠むが、人や鳥の絵文字があった場合にはその頭部が向いている方が文頭になる。つまり人や鳥が左を向いている場合は左から右へ、右を向いている場合は右から左に読む。さらに位の高い神(オシリスやアヌピスなど)があると文中の人や鳥は皆楚の方を向いてしまう。そのため読む方向がわかりづらくなり、行ごとに向きが変わったり、下から上に読んだりする。ただ、神々やファラオの名は聖なるものなのでカルトゥーシュという囲みがされているので一目で見分けることが出来る。

死者の書と書記

書記
書記の像
 ヒエログリフは宗教だけに使われたわけではなく、法律や売買、結婚の契約などにも使われた。もっともよく残っているのが死者の書であった。死者の書は紀元前13世紀の第一王朝の時代からミイラとともに墓に埋葬された、死後の世界の案内書である。死者の書はパピルスでつくられた紙に書かれた。
 パピルスにヒエログリフを書くのは高度な技術であり、専門の書記がその任務に当たった。書記は10歳ぐらいから専門の学校で修業し、高い権威を持ち、教師でもあった。書記が文字を書くときはあぐらをかいて膝の上で左手に巻紙を持ち、必要な分だけ右手で巻き取りながら書いた。筆記用具は20センチぐらいの葦の茎の先端を削って使い、赤と黒の2種類のインクが用いられた。

ヒエラティックとデモティック

 ヒエログリフを書く作業は大変な労力と時間がかかったので、簡便な書体がつくられた。ヒエログリフとほぼ同時期につくられたのがヒエラティック(神官文字)で、もとは聖職者が使った文字だったのでそう呼ばれた。これはヒエログリフを簡単にして続け書きができるようにした。紀元前650年頃、さらに流れるように右から左に書く草書体が現れ、日常生活で使われるようになったのでデモティック(民衆文字)と言われるようになった。シャンポリオンがヒエログリフを解読したロゼッタストーンは、同じ内容がヒエログリフとギリシア文字とデモティックの3種類で書かれていたことから解読のきっかけになった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章1節 エ.エジプトの統一国家
書籍案内

G・ジャン/矢島文夫訳
『文字の歴史』1990
知の再発見双書 創元社

A・ロビンソン『図説 文字の起源と歴史―ヒエログリフ、アルファベット、漢字』2006 創元社