印刷 | 通常画面に戻る |

タレントゥム

ギリシア人の植民都市で、現在のタラント。前272年にローマに服属し、ローマの半島統一が終わった。

 南イタリアの都市で現在のタラント。タラスとも言う。前8世紀にギリシアの有力ポリス、スパルタ植民市として建設された。前5~4世紀、南イタリアはマグナ・グラエキア(“大ギリシア”の意味)といわれたほどギリシア人の移住が多く、ネアポリスシラクサなど、沢山の植民市がつくられたが、イタリア半島南部でのギリシア系都市の中心として繁栄したのがタレントゥムであった。

ローマに服属する

 中部イタリアに起こったラテン人のローマの勢力が南下し、前3世紀に入りタレントゥムに迫ると、タレントゥムは本国ギリシアのエペイロス王国ピュロス王に援軍を求めた。
ピュロス戦争 イタリア半島に勢力を伸ばそうと考えていたピュロス王はマケドニアの象部隊も動員して来援し、前280年のヘラクレイアの戦い、翌年のアスクルムの戦いで連続してローマ軍を破った。しかし、ローマまで北上することはできず、方向を転じてシチリア島を攻撃、そこではカルタゴ軍と戦った。結局、ピュロス王は本国に引き揚げたため、タレントゥムを救援するという目的を達成することはできなかった(このような実利を得なかった勝利を「ピュロスの勝利という)。
 その結果、ローマ軍の南下は再開され、前272年にはタレントゥムもローマに服属した。タレントゥムのローマへの降服はギリシア植民市の中で最も遅く、これによって、ローマのイタリア半島統一戦争が終わった。
 ローマはギリシア人植民都市を征服したことによって、ギリシア文化に直接触れることとなり、その強い影響を禹受けることとなる。
 なお、タレントゥムは第2回ポエニ戦争では一時、カルタゴ側についたが、再びローマに制圧された。その後は、ローマの地中海進出の重要な港として栄えたが、9世紀以降はたびたびイスラーム教との侵攻を受けた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ウ.ポリスの成立と発展