印刷 | 通常画面に戻る |

アッピア街道

古代ローマのローマから南イタリアにのばされた軍用道路。

戸口監察官(ケンソル)のアッピアウス=クラウディウスが前312年(第2次サムニウム戦争の時期)に建設したといわれる。当初はローマからカプアまでであったが後にプリンディシ、さらにタレントゥムまで延長され、ローマの南イタリア支配の幹線道路とされた。幅8メートルの舗装道路で、馬の引く戦車を走らせるための軍用道路である。アッピア街道は一部が現存し使用されており、このような道路がローマ支配地域にはりめぐらされ、「すべての道はローマに通ず」といわれた。
 アッピア街道は現在もその一部が残っており、ローマ文化の実用的な特徴を示す土木建築の遺構となっている。

Episode 盲目の監察官アッピアウス

 戸口監察官とは、前443年に設置された重要官職の一つで、戸口調査(5年ごとに行われた国勢調査)にもとづいて市民の納税額と兵役期間を定める任務。また公職者の不正やプライバシーの監視もその権限にふくまれていたので大きな権威があった。アッピアウス=クラウディウスは「盲目の監察官」として知られ、前312年にはローマに上水道を建設、さらに同年、ローマからカプアまでラティウム地方の沼沢地帯を一直線に切り開いて街道を開いた。「アッピア街道」はその名に由来する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 イ.地中海征服とその影響