印刷 | 通常画面に戻る |

デロス同盟

アテネを盟主として結成されたギリシアのポリス同盟。

エーゲ海周辺のギリシア諸ポリス(都市国家)が、ペルシア帝国軍の来襲にそなえて、アテネを盟主として結んだ同盟。前478年に結成された軍事同盟で、最大時200のポリスが参加した。各ポリスが一定の兵船を出して連合艦隊を編成し、それのできないポリスは一定の納入金(フォロイ)を同盟の共同金庫に入れることにした。実際に艦隊を提供したのはアテネだけで、他のポリスは納入金を納めるだけだった。共同金庫は共通の信仰の対象であったアポロン神殿のあるデロス島におかれ、同盟の会議もそこで開催された。フォロイの管理は十人のアテネ市民に委ねられたので、同盟の執行権ははじめからアテネが握っていた。前454年には、金庫がアテネに移され、さらに前449年にペルシア帝国とのカリアスの和約が成立してペルシア戦争が正式に終結したにもかかわらず、ペリクレスはデロス同盟を強引に継続させた。こうして、アテネはデロス同盟を通じて「アテネ帝国」と言われる支配権をふるうようになった。一方、ペロポネソス半島内の諸ポリスは、スパルタを盟主とするペロポネソス同盟を結成しており、次第に両同盟の対立が深刻になり、前431年にペロポネソス戦争が勃発する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 キ.ペルシア戦争とアテネ民主政