印刷 | 通常画面に戻る |

ハスモン朝

マカベア戦争でセレウコス朝から独立したパレスチナのユダヤ人国家。前166~前37年。

 前166年にユダス=マカバイオスによって始められたセレウコス朝シリアからのユダヤ人の独立戦争であるマカベア戦争は、長期にわたる戦いによって、前142年にユダスの弟シモンの時に自治が認められ、事実上の独立国家となった。これをハスモン朝と言い、はじまりを前166年においている。ハスモン朝のユダヤ国家(ハスモン王国とも言う)は、アレクサンドロス=ヤンナイオス(在位前103-76)のときにかつてのヘブライ王国ダヴィデやソロモンの支配領域を回復したが、その後内紛が続き、ローマの介入を受けることとなる。前63年には、ローマのポンペイウスによってイェルサレムが占領され、神殿は破壊されて、ハスモン家の支配者の王位は剥奪され大祭司を名乗ることだけが許されて事実上滅亡し、ローマから派遣されるシリア総督の支配を受けることとなった。その後もハスモン家の反ローマ活動によって不安定な状況が続いたので、ローマ元老院は前40年に親ローマ派のイドマヤ人ヘロデをユダヤ人の王として認め、ヘロデ王はローマの力を背景に全パレスチナの支配を目指し、前37年に最後のハスモン王家の当主を殺した。これによってハスモン朝は完全な終焉を迎えた。 → ローマ時代のパレスチナ 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 ケ.ヘレニズム時代