印刷 | 通常画面に戻る |

イオニア式

古代ギリシアの建築様式の一つ。神殿建築の中期の様式で、列柱の頭部の渦巻き模様を特徴としており、一般に「優雅」と評されている。

アテネのアクロポリスにあるエレクティオン神殿に見られるイオニア式の柱
アテネのアクロポリスの
エレクティオン神殿に
見られるイオニア式の柱
 ドーリア式と同じぐらい古いが、一般に中期の様式とされる。イオニア地方はギリシア本土ではなく、エーゲ海をはさんだ対岸で、ギリシア人が植民したミレトスなどの都市がある。この地方は早くから交易が盛んで、またイオニア自然哲学もこの地に興った。
 イオニア式建築の特徴は列柱の頭部に渦巻装飾を持つことである。そこから「優雅」と表現されることが多い。ギリシアでの代表的な例は、アテネアクロポリスにあるパルテノン神殿の北側に建つ、エレクティオン神殿である。なお、ローマのコロッセウムの第2層の柱がイオニア式であように、後のローマ時代からさらに西欧建築にいたるまで、イオニア式建築は多く採り入れられている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章2節 コ.ギリシアの生活と文化