印刷 | 通常画面に戻る |

イオニア自然哲学

古典期ギリシアのイオニア地方に興った初期の哲学。

小アジアのエーゲ海に面したミレトスを中心としたイオニア地方に、紀元前6世紀に自然哲学がおこった。それは、この地が、ギリシア人の植民市として始まり、早くから交易の中心地として栄え、オリエントからもいろいろな情報がもたらされ、知識の交流が盛んだったためと考えられる。それ以後、前5世紀ごろまでに多くの哲学者が登場した。

自然哲学の意義

 イオニア地方の哲学者たちは、神話や宗教、道徳に束縛されずに自然そのものを観察し、あらゆる物事の根源にあるもの(アルケー)を探求し、それぞれ説を唱え、論争した。その中から、現代の科学にも通じるような自然観が生まれてきた。また、物質の根源を探求することから、認識論が生まれ、後のギリシア哲学の深化を準備した。

主な哲学者

 代表的人物としては、万物の根源は水であると説いたタレース、数を万物の根源としたピタゴラス、万物は流転すると言ったヘラクレイトス、また物質の根源を「無限定なもの(トアペイロン)」としたアナクシマンドロスなどがいる。またペリクレスの親友だったというアナクサゴラスは「太陽は灼熱した岩石にすぎない」と考えた。エンペドクレスはさらに宇宙は地・水・火・気の4元素からなると考え、さらにデモクリトスに至って原子論に達し、現代の物質観に近づいている。

自然哲学者の出身地

 イオニア地方の中心地のミレトス出身者は、タレス・アナクシマンドロス・アナクシメネスの三人。ほかは、ヘラクレイトスはイオニア地方のエフェソス、アナクサゴラスはクラゾメナイ、エンペドクレスはシチリア島、ピタゴラスはイオニア地方のサモス島(後に南イタリアに移住した)、デモクリトスはトラキア地方の出身者であり、すべてがイオニア地方ミレトスの出身というわけではない。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章2節 コ.ギリシアの生活と文化