印刷 | 通常画面に戻る |

平民派

共和政ローマ末期の混乱期に台頭し平民層の支持を受けた新勢力。

ポプラテス(民衆派)という。平民会を基盤に力を持ち、元老院とは対立する政治的立場の有力者たち、血統にとらわれず実力で地位を獲得した騎士(エクイテス)といわれる人々に多い。その代表はマリウスで、カエサルもこれに入る。平民派というが彼らは平民だったわけではなく、その支持基盤が没落して彼らの私兵となった貧困層であり閥族派との違いはない。その主張は元老院の既得権に反対することが多かったので、改革派と見られた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 イ.地中海征服とその影響