印刷 | 通常画面に戻る |

属州/プロヴィンキア

ローマの征服し、直接統治した領土に置いた支配機構。

第1回ポエニ戦争で獲得したシチリアが最初の属州。ついでコルシカ島サルデーニャ島を合わせて第2の属州とした。属州はプロヴィンキアという。現在の南フランスをプロヴァンスというのは、ここがかつてローマの属州だったからである。
 属州には総督(ローマ)(知事ともいう)がおかれ、元老院から有力者が任命されてその統治に当たり、「十分の一税」という租税を徴収した。その下で実際に徴税にあたった徴税請負人は総督に請け負った税額よりも多くの税を徴収し、その差額を総督が着服するという方法で私腹を肥やし、大きな富を獲得するようになり、ローマの有力者の利権の対象となっていった。
 また属州からは奴隷と大量の安価な穀物がローマ本土にもたらされた。ローマの奴隷制と共和政を支えることとなった。それだけに属州統治はローマにとって重要な課題となり、またその拡大がローマの社会と政治のあり方を大きく変えることになる。

属州の拡大

 ローマの海外領土である属州は、前3世紀の第1回ポエニ戦争 の時に獲得したシチリアが最初で、その後、コルシカサルデーニャを加え、前2世紀に入りヒスパニア(スペイン)、マケドニア、アフリカ(ヌミディア=旧カルタゴ)、アシア(小アジアの西部)、ガリア、前1世紀にシリア、キリキア(小アジア南部)、イリュリクム(現在のアルバニア)、パンノニア(現在のハンガリー)、トラキア(現在のほぼブルガリア)、エジプトブリタニア(大ブリテン島)、ダキア(ルーマニア)と拡大した。

属州の拡大の影響

 拡大された属州からは、奴隷と穀物が大量にローマ国内にもたらされた。いずれも戦勝によって獲得した海外領土であり、大量の捕虜は奴隷としてローマ本国に送られ、また属州からは穀物が租税として徴収され、ローマ本国の市民の食糧とされていた。奴隷と穀物の大量流入とともに均質な市民から構成されていたローマ共和政の原則は変質し、中小農民の没落して、奴隷労働による大土地経営であるラティフンディアが広がった。富を蓄えた有力者は更に属州の徴税請負人としても力と冨を蓄え、騎士(エクイテス)といわれる新たな支配層を形成していった。このような背景から、ローマは内乱の1世紀を経てローマ帝国に移行していった。
 しかし、紀元後2世紀までにはローマ帝国の地中海支配が完成してパックス=ロマーナが実現すすると、属州の拡大は終わりを告げ、新たな奴隷の供給はなくなり、大土地所有制からコロナトゥスへと移行し、奴隷に依存したローマ社会も大きく変動することとなる。
 ローマ帝国の存続した間、属州は帝国を支える穀物生産地などとして維持されるとともに、ローマ文化が帝国領内全域におよぶこととなり、現在も属州であった各地にローマ時代の遺跡が遺されている。一方でキリスト教など外来の文化も属州を経てローマに浸透していった。
 4世紀末のローマ帝国の分割などから帝国の弱体化は次第に進み、北方からのゲルマン人と、東方からのイスラーム教勢力などが属州に侵入し、ローマ帝国の支配領域は縮小していくこととなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
1章3節 イ.地中海征服とその影響