印刷 | 通常画面に戻る |

シチリアの奴隷反乱

前2~1世紀、共和政ローマ末期に起こった奴隷反乱。

共和政ローマ時代の末期、前2世紀の終わりに属州シチリアで起こった奴隷反乱。前135~前132年のものと、前104~100年までとの2回起こっている。反乱はいずれも鎮圧されたが、前2世紀のローマ共和政の動揺を示し、また後の前1世紀に起こる大規模なの奴隷反乱であるスパルタクスの反乱の先駆となった。

前135年の奴隷反乱

 シチリア島東部シラクサの西の山中のエンナの奴隷エウヌス(シリア人であったらしい)は、口から炎を吐くという妖術を行い、予言者であると称して自ら王に就くことが約束されていると語り、周辺の奴隷をさそって反乱を起こした。エンナの町を占領した奴隷反乱はエウヌスを王としてあがめた。島の西南部でも奴隷反乱が始まり、全島を支配した。ローマ当局はようやく前133年にコンスル自ら鎮圧にあたり、ようやく奴隷軍を制圧した。

前104年の奴隷反乱

 前103年に剣闘士奴隷の試合が公的な見世物のひとつとなったが、その翌年の前104年に、シチリア島でサルウィウス、アテニオンが指導する大奴隷蜂起がおこり、この奴隷軍は、五年間にわたって頑強にローマ軍に抗戦した。その反乱は次のようなものであった。
(引用)“指導者アテニオンが戦死したのちも、なお、粘り強くつづけられた。これに手をやいたローマの将軍は、最後に残った奴隷部隊千人の指揮者サテュルスにたいして、無抵抗に降服すれば処罰することなく解放すると約束した。こうして、ローマの将軍は奴隷たちをだまして捕え、ローマに剣闘士奴隷として送りこんだ。そして、彼らは猛獣と闘うことを強制された。しかし、彼らはこれを拒否した。奴隷たちは、ローマ市民の見世物になるよりは死を選んだのである。つまり、彼らは猛獣と闘う前に、フォルムの祭壇の前で、衆人環視のなかで相互に殺しあい、サテュルスは最後の一人を殺してから、自らの手で自らを殺し、英雄的な「もっとも輝かしい」壮絶な最期をとげたのであった。”<土井正興『スパルタクスの蜂起』1973(新版は1988)青木書店 p.14>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第1章3節 イ.地中海征服とその影響
書籍案内
土井正興著『スパルタクスの蜂起』
土井正興
『新版 スパルタクスの蜂起―古代ローマの奴隷戦争』
1988 青木書店