印刷 | 通常画面に戻る |

烏孫

トルコ系と思われる中央アジアの遊牧民。

 烏孫(うそん)はトルコ系民族と考えられている中央アジアの遊牧民。漢代には天山山脈の北方にいた。匈奴の支配に属し、月氏を追ってイリ川流域を支配した。前2世紀末には張騫を派遣した漢の武帝と結び、その西域進出を助けた。その後、5世紀に柔然に追われてパミール高原の西に逃れたらしい。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第2章3節 キ.漢代の政治