印刷 | 通常画面に戻る |

月氏

中央アジアで活動し、広く移動した遊牧民族。民族系統は諸説あり。

民族名を月氏という遊牧民族であるが、その系統はイラン系ともトルコ系とも言われるが、モンゴル系説、チベット系説もあり、はっきりしない。中国の戦国時代頃に甘粛地方・タリム盆地東部で中継貿易に活動していたが、前2世紀の末に冒頓単于率いる匈奴に敗れ、その主力は西方に逃れ、天山山脈の北に移動し、さらに烏孫に圧迫されて西方のアム川下流から上流域に移った。その部族を大月氏と言い、河西地方(甘粛)に残ったのが小月氏と言われる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第4章1節 イ.スキタイと匈奴