印刷 | 通常画面に戻る |

漢/前趙

匈奴の劉淵が304年に建国。五胡十六国の始まり。後に前趙に改称。

南匈奴の単于の後身で、の八王の一人成都王に仕える部将であった劉淵が、八王の乱の混乱に乗じて独立し、304年に平陽(山西省南部)を都にして即位した(高祖)。これが、五胡十六国の始まりであった。五胡の一つの匈奴が建てた国であったが、劉淵は漢王室の血筋を受けていることを根拠に、漢王室を再興し、晋王朝を倒すことを標榜したので「漢」を国号とした。劉淵は宮廷に漢王朝風の百官を置いて、その統治を見倣った。劉淵は310年に病死し、その子劉和が帝位をついたが、劉淵の弟の劉聡が和を殺害して帝位を奪い、ついで晋に対する攻勢を強め、311年に晋の都洛陽を、さらに316年には長安を陥れて、晋を滅ぼした。翌年、晋王室の一人の司馬睿は江南に逃れ、東晋を建国する。318年に即位した劉淵の末子劉曜は翌年、国号を趙(後の趙に対して前趙という)に替えた。しかし、帝位をめぐる争いが生じ、外戚と宦官の対立も生じて間もなく衰え、329年に部将の羯人の石勒が建てた後趙に併合された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章1節 イ.分裂の時代