印刷 | 通常画面に戻る |

ガン/ヘント

ベルギー、フランドル地方の毛織物業が盛んな都市。現在のヘント。

現在のベルギーの都市。ガンはフランス語の発音。現地のオランダ語系フラマン語ではヘントするのが一般的だが、日本人の耳にはゲントに近く聞こえる。フランドル地方の東の中心地で毛織物業が盛んだった。1053年、フランドル伯が城塞化し、中世都市の典型的な景観が現在でも見られる。
 フランドル地方の毛織物業、商業の中心地の一つとして発展し、学問とフランドル派といわれる絵画がこの地方で発達した。この商業都市で蓄積さえれた資本をもとに、1830年代にはベルギーの産業革命が展開された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 イ.商業の復活