印刷 | 通常画面に戻る |

マクシミリアン1世

15世紀末~16世紀初めのハプルブルク家、神聖ローマ皇帝。カール5世の祖父。婚姻政策でハプスブルケの領土拡張に務め、ハプスブルク帝国繁栄の基礎を築いた。

 ハプスブルク家神聖ローマ皇帝(在位1493~1519)。父はフリードリヒ3世(在位1452~1493)、母はポルトガルの王女エレオノーレ(莫大な持参金をハプスブルク家にもたらしたという)の間に生まれ、ハプスブルク家の領土を全ヨーロッパに及ぼす基礎を築いた。ブルゴーニュ公国(ブルグンド公国)の王女マリアと結婚、マリアの父シャルル大胆王がフランス・スイスと戦って(ブルゴーニュ戦争1474~77)戦死したため、その領地はハプスブルク家のものとなった。

ブルゴーニュを獲得

 ブルゴーニュ公国とは、534年にフランク王国に滅ぼされたゲルマン人の国ブルグンド王国に起源を発し、フランス王家の分家のブルゴーニュ公がフランスの東南部のブルゴーニュ地方から現在のベネルクス3国(ベルギー、オランダ、ルクセンブルク)を含む地域を支配していた。ブリュッセル、アントウェルペン、ブリュージュなどの商業都市を含み、毛織物業の盛んな地域であった。ブルゴーニュを獲得したことによってフランスとの対立せざるを得なくなったマクシミリアン1世は、王宮をウィーンからチロル地方のインスブルックに移し、イタリア方面への進出にもそなえた。

中世最後の騎士

 一方でルネサンス期の君主として文芸の保護にもあたり、中世から近世の過渡期の皇帝として「片足を中世につっこみ、他の足で近代にも踏み込もうとしている」あるいは、「中世最後の騎士」とも言われている。1494年、フランス王シャルル8世がイタリアに侵入しイタリア戦争が始まると、ドイツ諸侯の援助を受けるため、諸侯に有利な帝国改革を実施した。しかし、フランス軍の侵入に対しては劣勢に陥り、ローマ教皇アレクサンドル6世ヴェネツィア共和国フィレンツェ共和国などと反フランス同盟の神聖同盟を結成して戦い、ようやく撃退した。また、スイスの独立運動も強まると、マクシミリアン1世は1499年にその独立を実質的に承認した。

Episode ハプスブルク家の家訓「汝、結婚せよ」

 ハプスブルク家は「幸いなるオーストリアよ。戦いは他のものに任せるがよい。汝、結婚せよ。」ということばを家訓にしていたという。つまり、戦いによってではなく、婚姻政策によって領地を広げよ、ということであり、これはまさにマクシミリアン1世がとった政策そのものであった。彼自身もブルゴーニュ公国のマリアと結婚してネーデルラントを領有しただけでなく、その子フィリップをスペイン王女ファナ(フェルナンドとイザベルの娘)と結婚させ、孫娘マリアベーメン国王兼ハンガリーの王子ルドヴィクと結婚させた。そのフィリップとファナの間に生まれたカルロスがスペイン王位を継承してカルロス1世、つまり次の神聖ローマ皇帝カール5世となる。またルドウィクはベーメン・ハンガリー国王となるが、1526年にオスマン帝国とのモハーチの戦いで戦死して子がなかったため妻の実家のハプスブルク家領となり、カルロスの弟フェルディナントが相続した。このように、マクシミリアン1世が展開した「婚姻政策」によって、現在の国名で言えばオーストリア、スペイン、ベルギー、オランダ、イタリア南部、チェコ、ハンガリーに及ぶ、ハプスブルク帝国が出現することとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章4節 ウ.スペインの全盛期