印刷 | 通常画面に戻る |

アッシジのフランチェスコ

13世紀初め、托鉢修道会フランチェスコ派を創始した修道僧。

 アッシジのフランチェスコ(1181?~1226)はイタリアの修道士で、清貧を守ったことで知られ、ローマ教会では聖人に列せられている。ローマ教皇インノケンティウス3世の前に現れたフランチェスコたちは、裸足で痩せ細り、ぼろぼろの修道衣をまとい、ベルトの代わりに荒縄を締めていた。かれらはアッシジからやってきた修行者たちで、キリストの教えに従って清貧を守り、家族を捨て托鉢だけで命をつなぎながら、祈り、説教を続けていた。インノケンティウス3世は、一歩間違えば当時勢力を強めていたカタリ派などの異端につながりかねないと警戒したが、むしろ彼らの活動を公認して、異端の改宗にあたらせようと考えたのであろう。こうして、フランチェスコの活動は正式のフランチェスコ会修道会として托鉢修道会と認められ、13世紀以降の新しい修道院運動の中心となっていく。

Episode 小鳥と話す聖人

 修道会から離れた晩年のフランチェスコは、孤独な隠棲生活に入り、森の中の小屋に住み、小鳥たちに説教をしたと伝えられている。小鳥たちは枝から地上に降りてきて、さえずりをやめて彼の言葉に聞き入り、祝福をあててもらうまで飛び立たなかったという。また、晩年には天使が十字架をかかげている夢からさめたところ、両手両足と脇腹の五ヵ所に傷が出来ていた。それは、十字架上のキリストが受けた傷と同じ場所であったという、「聖痕の奇蹟」といわれている。<この項、藤沢道郎『物語イタリアの歴史』第3話 聖フランチェスコの物語 による> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章4節 ア.教会と修道院