印刷 | 通常画面に戻る |

教皇党/ゲルフ

中世のイタリアでローマ教皇を支持する勢力としてゲルフとよばれ、ローマ皇帝支持派のギベリンと対立した。

 12~14世紀、イタリアを二分し対立した二つの勢力のうち、ローマ教皇を支持した勢力を教皇党(ゲルフ)という。それに対して神聖ローマ皇帝を支持した勢力を皇帝党(ギベリン)といった。
 ゲルフ(またはグェルフ)は「ヴェルフェン」のイタリアなまり。ヴェルフェンとは、12世紀に神聖ローマ皇帝シュタウフェン朝(フリードリヒ1世バルバロッサ)のライバルだったザクセン公ヴェルフェン家(獅子公と言われたハインリヒが有名)に由来する。両者の争いの際、教皇がヴェルフェン家を支持したので、教皇党(派)をイタリアでゲルフというようになった。
 11世紀の叙任権闘争に始まるローマ教皇と神聖ローマ教皇の対立から、イタリア国内が教皇党(ゲルフ)と皇帝党(ギベリン)に別れて争った。神聖ローマ皇帝による支配に反撥する北イタリアのロンバルディア同盟に加わった大都市は、そのよりどころとしてローマ教皇に依存したので、教皇党を形成した。またシュタウフェン朝の皇帝を追いだした南イタリアのアンジュー家のナポリ王国はまとまった教皇党(ゲルフ)である。しかし、教皇党と皇帝党の対立は、都市対封建領主という構図にとどまらず、個々の都市の内部でも対立があり、おおよそ富裕な新興市民層はゲルフに属したと見て良いが、その時とばあいによってさまざまな対立が生じ複雑であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 コ.ドイツ・スイス・イタリア・北欧