印刷 | 通常画面に戻る |

足利義満

室町幕府の第3代将軍、南北朝を統一し、明との勘合貿易をひらいた。

 室町幕府の第3代将軍、在職1368~94年。山名氏や大内氏など有力守護大名を抑え、将軍権力を確立、1392年には南北朝の合一に成功した。足利義満が将軍となった1368年は朱元璋(洪武帝)がを建国した年、南北朝合一を実現した1392年は李成桂朝鮮を建国した年でもある。足利義満は、京都に壮麗な「花の御所」を造営し、太政大臣ともなって権勢を揮った。室町幕府の最盛期を現出させた上で、1408年に亡くなる。

「日本国王」を名乗る

 外交政策では1401年に明に国書を送り倭寇の禁圧を約束して通商を求め、1403年には「日本国王臣源道義」と名乗って永楽帝に朝貢し、勘合貿易の形での貿易開始を認められ、翌年から日明貿易が開始された。

Episode スリリングな日明交渉

 明は建国(1368年)と同時に周辺諸国への朝貢を促したが、日本は南北朝の動乱の時期に当たっていたため混乱しており、一時は太宰府を支配していた南朝の懐良親王を正式な「日本国王」と認め、室町幕府を認めていなかった。しかし九州の南朝政権はまもなく倒れ、1392年に足利義満による南北朝統一が達成された。1401年に足利義満は「日本准三后道義」の表文を携えて使節を明に派遣して交渉を開始、「日本国王源道義」に宛てた建文帝の詔書と大統暦を携えた明使を伴って翌年に帰国した。北山第に明使を迎えた義満は自ら拝跪して詔書を受けたという。<新田一郎『太平記の時代』講談社版 日本の歴史11 2001 p.300-301>
 ところが明では当時すでに靖難の役が起こっていた。足利義満は国書を天龍寺の僧圭密に託し、明使に随行させたが、国書は二通作られていた。建文帝宛のものと永楽帝宛のものの二通である。1403年に一行が中国に上陸してみると、すでに永楽帝が即位していたから、圭密は抜け目なく、新皇帝の即位を賀する内容の国書を永楽帝に提出した。義光の国書は「日本国王臣源表す」に始まり、即位を祝い方物を献じることを記していた。永楽帝は即位そうそう、日本から賀使が来朝したことを非常に喜び、翌年答礼の国書を「日本国王」義満に送り、「日本国王之印」と刻んだ金印と十年に一度のわりで朝貢を許した。これによって勘合貿易が開始されることとなり、室町幕府の将軍が「日本国王」として明の朝貢国に組み込まれることとなった。<寺田隆信『永楽帝』中公文庫 p.231-233>
 室町幕府が現代の日本の外務省も顔負けの高度な外交を展開していたことに驚かされる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 ウ.明朝の朝貢世界
世界史の旅
中国の旅
明の十三陵