印刷 | 通常画面に戻る |

ヌルハチ/太祖

女真を率いて1616年に後金を建国した人物。死後、後金は清と改称し、その太祖を追号される。

 後金(後の清)の建国者で太祖(在位1616~1626年)。女真の中の建州女真、アイシンギョロ(漢字で表記すると愛新覚羅)氏に生まれた。明の万暦帝のとき、父と祖父が明軍に殺され、25歳の時、1583年に自立して兵を挙げた。海西女真など、他の女真の諸部族を次々と制圧して、1613年までにほぼ敵対勢力を討ち、女真族を統一した。

ヌルハチ

後金の建国

 1616年、ヌルハチは国号を後金(アイシン)、年号を天命と定めて帝位につき、明に対抗する姿勢を示した。1618年、ヌルハチは「七大恨」という7箇条を掲げて明に宣戦布告、撫順城を攻めて占領すると、明は反撃のために10数万の大軍を派遣したが、翌年のサルホ山の戦いで後金軍が大勝利を収め、さらに次々と明の守備陣を破り、当時は遼東と言われていた遼河の東側全域(後の満州)を平定した。ヌルハチは遼陽に都を移し、さらに1625年には瀋陽(満州国時代の奉天)に定め、盛京(せいけい)と称した。

八旗の創設と満州文字の制定

 明との戦争を展開する中で、八旗の軍制、満州文字を創り、独立王朝としての体裁を整えた。八旗は女真の狩猟の際の編成をもとにして壮丁(成年男子)を組織した軍事権行政組織であり、その後に漢人八旗も加えられ、清朝政権の軍事力の基盤となった。ヌルハチが国家機構を整備する上で文字が必要になったが、かつての女真文字はすでに使われなくなっていたため、モンゴル文字をもとにして満州文字を作成した。ヌルハチ自身が作成したとも伝えられている。

明の火砲の前に進撃を阻止される

 1626年、ヌルハチは二度目の対明総攻撃を仕掛けたが、山海関の手前の寧遠城の戦いで、明軍がキリスト教宣教師の指導で作った火砲(大砲)を用いて反撃したため、八旗の騎馬隊が劣勢に陥り、初めて敗北をこうむった。ヌルハチは火砲の威力の前に手痛い敗北を喫し、同年に死去した。このとき受けた傷がもとで死んだとも言われている。

後金から清へ

 ヌルハチの子ホンタイジがハン位に就いてスレ=ハンと称し、明との決戦の前に朝鮮を攻撃して支配下に収め、さらに内モンゴルを制圧して体制を固めた。その上で、1636年4月に国号を中国風に(大清)とし、皇帝(廟号は太宗)となった。ヌルハチは太祖の廟号を追号された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章1節 カ.東アジアの状況