印刷 | 通常画面に戻る |

内モンゴル/内モンゴル自治区

モンゴル高原の外モンゴルに対し中国に接した地域を言う。現在は中華人民共和国の内モンゴル自治区として自治が認められている。

 うちもんごる。モンゴル高原の中心部を外モンゴルというのに対し、その南に広がる草原地帯で、中国と境界を接する地域を内(うち)モンゴルという。モンゴル人が遊牧生活を送る地域であるが、漢民族の居住も多く、漢文化の影響も強い。唐代では東突厥の統治のため、単于都護府が置かれた。清では外モンゴルと同じく、藩部として支配を受けた。
 辛亥革命後の1915年に、モンゴルの二つの地域に違いが生じた。外モンゴルは自治が認められたが、内モンゴルは中華民国に編入された(キャフタ協定)。モンゴルに隣接するロシアでロシア革命が勃発するとその影響がモンゴルにもおよび、1924年に、外モンゴルはソ連に次ぐ二番目の社会主義国であるモンゴル人民共和国が成立した。
 中華民国領であった内モンゴルに対しては、満州に進出した日本が、“防共”の最前線として重視し、関東軍はさかんに内蒙古工作を続け、軍事侵攻を行った。

内モンゴル自治区

 抗日戦争を続ける中国共産党は、国家分裂を避けるため、「民族独立」の権利を否定して、「民族自治」聖s国転換した。第二次世界大戦後に成立した中華人民共和国では、内モンゴルにも独立か、モンゴル人民共和国への帰属を主張する声が上がることが警戒され、中国共産党はモンゴル出身の党幹部ウランフを内モンゴルに派遣し独立運動を押さえ込んだ。国共内戦で共産党軍が勝利したことを背景に、1947年5月1日に「内モンゴル自治政府」が樹立され、中華人民共和国を構成する一つの「自治区」となった。これは、これ以降の「人民共和国の民族区域自治制度」の原型となり、新疆ウイグル自治区、チベット自治区などが続くことになる。<王柯『多民族国家 中国』2005 岩波新書 p.77-78 > → 中国の少数民族
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 エ.辛亥革命