印刷 | 通常画面に戻る |

ラシュタット条約

1714年、スペイン継承戦争でのフランスと神聖ローマ帝国の講和条約。

 スペイン継承戦争(1701~14年)後の1714年にフランス王国(ブルボン朝)と神聖ローマ帝国(オーストリア=ハプスブルク家)の間で締結された講和条約。ユトレヒト条約とは別で、イギリスが加わっていないので、海外領土ではなく、ヨーロッパでの領土変更の取り決めである。この戦争ではフランスとスペインが実質的に敗れたので、ルイ14世は、それまでスペイン=ハプスブルク家領であった南ネーデルラント(後のベルギー王国)・ミラノナポリ王国サルデーニャをオーストリア=ハプスブルク家に譲ることとした。これによって18世紀中ごろのオーストリアは、一方で、ハンガリーやチェコ、ポーランドなどにも領土を広げており、ヨーロッパ大陸の東西にまたがる大国としての地位を得た。しかし同時に、その領域内には多数の民族を抱える多民族国家となったため、苦悩することとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 エ.ルイ14世の時代