印刷 | 通常画面に戻る |

アンボイナ事件

1623年、東南アジア・モルッカ諸島などの香辛料貿易をめぐる、オランダとイギリスの対立。イギリス勢力が排除される結果となった。

アンボイナとは、アンボンともいい、モルッカ諸島とバンダ諸島の中間にある小さな島々。アンボイナ事件は、1623年におこったオランダ東インド会社イギリス東インド会社の衝突事件。香辛料貿易を巡る両国の対立であったが、結果としてオランダがイギリスの勢力を東南アジアから駆逐するいっかけとなった。また事件には日本人がからんでいたことで注目される。

モルッカ諸島を巡る対立

 モルッカ諸島は香料諸島とも言われ、香辛料の中の丁子とナツメグの唯一の産地として重要だった。1511年にマラッカを占領して東南アジアに進出したポルトガルがこの地に進出したが、次いでスペインのマゼラン艦隊が西回りで太平洋を横断してこの地をめざし、両国がこの地で争うようになった。初めはポルトガルが優位に立ってその香辛料を独占していたが、17世紀にはネーデルラント連邦共和国(オランダ)の東インド会社が進出してポルトガル勢力を駆逐し、アンボイナ島に要塞を築いた。それに対してやや遅れて進出してきたイギリスのイギリス東インド会社が、モルッカの香料貿易に割りこんできた。両国の東インド会社が激しく争ったが、本国ではその対立を回避しようとして、1919年に両社を合同させ、共同で経営させることを決定した。そのため、オランダ東インド会社のアンボイナ要塞の一部にイギリスも商館を設けることになった。

事件の経緯

 本国では両社の合同は合意されたが、現地では依然としてオランダ人、イギリス人の対立は続いており、両社は対抗心を燃やしていた。そんなとき、1623年にオランダ商館は、イギリス商人が日本人傭兵らを利用してアンボイナのオランダ商館を襲撃しようとしているという容疑で、島内のイギリス人、日本人、ポルトガル人を捕らえ、拷問の末に自白させ、20名(イギリス人10人、日本人9人、ポルトガル人1名)を処刑するという事件が起こった。イギリス人と日本人の共謀した襲撃計画とは事実ではなかったらしく、オランダがイギリス勢力を排除し、モルッカの香辛料の独占をねらったものと考えられている。

イギリスの東南アジアからの撤退

 オランダのもくろみどおり、イギリスは事件に反撃することができず、東南アジアでの香辛料への進出をあきらめ、その後はインド方面への植民地進出をはかることとなる。また同年、イギリスは日本での貿易も経済的な採算がとれないという理由で平戸のイギリス商館を閉鎖し、撤退している。この事件はイギリス国内の世論を刺激し、後の英蘭戦争の一因ともなった。