印刷 | 通常画面に戻る |

ダホメ王国/ベナン

アフリカの西岸、ギニア湾に面した現在のベナン付近にあった黒人王国。黒人奴隷の供給地からフランスの植民地となった。1960年、ダホメ共和国として独立し、75年にベナンとなった。

 アフリカの西岸、ギニア地方にあった黒人国。ベニン王国の西に接し、現在のほぼベナンにあたる。ダホメ王国は17世紀初め頃、アポメーを都として王国を形成した。早くからポルトガルとの奴隷貿易を行い、東隣のベニン王国と共に最大の黒人奴隷供給地であった。ポルトガルに対抗するようにこの地にフランスが進出し、ルイ14世時代のコルベールの重商主義政策に基づく西インド会社が1666年にウィダーに商館を設け、1671年には大砲で武装した砦とした。またポルトガルも商館兼要塞をウィダーに造り、ダホメ王国が近隣の小国との戦争で獲得した捕虜を奴隷として買い込み、大西洋の彼方、ブラジルに送った。現在でもウィダーにはその奴隷貿易用の要塞が残っている。なお、ブラジルでは世界で最も遅く、1888年まで黒人奴隷制度が認められていた。

フランス植民地となる

 ダホメーは19世紀末に国王がフランス保護領となることに合意、次の国王がその協定を破棄すると、フランスはセネガルでフランス式に訓練した軍隊を派遣して武力制圧し、王国は滅亡した。その後、フランス領西スーダンの一部として植民地支配を受け、1960年の独立まで続いた。


ベナン共和国

アフリカのギニア湾に面し奴隷海岸と言われた旧フランス領。1960年にダホメー共和国として独立し、75年にベナンとなった。

 アフリカの西岸、ギニア地方ダホメ王国。15世紀のポルトガル以来、ヨーロッパ人の進出があいつぎ、ベニン王国(現在のナイジェリアの一部)と共に黒人奴隷貿易の中心地であったので奴隷海岸と言われた。アフリカ分割が進む中、19世紀末にフランス領となり、1960年のアフリカの年に、ダホメ共和国として独立した。
 ダホメー共和国は、1972年、クーデターで社会主義政権が成立し、75年に国名をベナン共和国に変更した。かつての高い文化を誇った隣のベニン王国(Benin のフランス語読みがベナン)にあやかったものだが、地域的には関係は薄い。つまり、ベナンとベニンは別物である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章2節 ウ.奴隷貿易と近代分業システムの形成