印刷 | 通常画面に戻る |

東方問題

19世紀、ヨーロッパ諸国のオスマン帝国領への進出から起こった対立。

19世紀、オスマン帝国の混乱の中で、帝国に支配されていたギリシア人やスラヴ人、アラビア人、エジプトなどでの民族独立が起きると、ロシア、イギリス、フランスなどのヨーロッパ列強が介入して抗争したことを東方問題という。バルカン半島・黒海、中東への進出をねらい南下政策をとるロシアと、それを警戒しつつ、同様な進出をはかろうとしたイギリス、フランスが抗争した。19世紀を通じ、セルビアの独立運動、ギリシア独立戦争エジプト=トルコ戦争クリミア戦争露土戦争などが起こったが、19世紀後半に急速に力をつけたドイツのビスマルクが調停した1878年のベルリン会議で一応の終結を見る。しかし、その後も列強の対立はバルカン問題として継続し、第1次世界大戦の要因となっていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 ア.東方問題とクリミア戦争