印刷 | 通常画面に戻る |

ベルリン会議

1878年開催の露土戦争後の東方問題を協議する国際会議。

1878年6月からベルリンで開催された露土戦争後の調停のための国際会議。サン=ステファノ条約で領土を拡大したロシアに対し、その東地中海・南アジアへの進出を恐れるイギリスと、バルカンへのロシアの進出を警戒するオーストリア=ハンガリー帝国が強く反対した。この危機の調停に乗り出したのがビスマルクであり、彼は「公正な仲介人」(または「誠実な仲買人」)の立場をとると表明し、ベルリンにロシア、オーストリア=ハンガリー、イギリス(ディズレーリ)、トルコ、ドイツ、フランス、イタリアの六カ国会議を開催しその議長を務めた。
 その結果、同年8月のベルリン条約で、サン=ステファノ条約は修正され、セルビア、モンテネグロ、ルーマニアの三国の独立は承認されたが、ロシアの獲得した領地は縮小された。ボスニア・ヘルツェゴヴィナはオーストリアが占領支配することとなった。結局、ビスマルクの調停は公正中立なものではなく、ロシアを抑え、イギリスに有利な調停であった。この会議でいわゆる東方問題は一応解決し、次はバルカン諸国をめぐるロシアの汎スラヴ主義とオーストリアの汎ゲルマン主義の対立と結びついた、バルカン諸国間の争いであるバルカン問題に移行することとなる。

19世紀の三大国際会議

:なお、ナポレオン戦争後のウィーン会議、1856年のパリ会議(クリミア戦争の講和会議でパリ条約が締結された)とこのベルリン会議を、19世紀の三大国際会議という。これらの会議は、ヨーロッパ列強のみで構成された国際会議であり、ベルリン会議はその最後にあたるものであった。20世紀の国際会議には、ヴェルサイユ会議のように、アメリカと日本という、非ヨーロッパ国家が加わることとなる。 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章2節 キ.ドイツ帝国とビスマルク外交