印刷 | 通常画面に戻る |

エジプト=トルコ戦争(第1次)

1831年からのエジプト総督ムハンマド=アリーとオスマン帝国の戦争。

オスマン帝国の宗主権の下にあった、エジプトの総督ムハンマド=アリーがオスマン帝国(トルコ)からの独立を企てた戦争で、ロシア・フランス・イギリスなどが介入し、東方問題の典型的な国際紛争となった。第1次と第2次がある。エジプト事件、あるいはシリア戦争とも言う。
第1次エジプト=トルコ戦争(1831年~33年)は、ムハンマド=アリーがギリシア独立戦争でオスマン帝国を支援した功績で、クレタ島・キプロス島を得たが、さらにシリアの行政権を要求した。オスマン帝国がそれを拒否したことから、ムハンマド=アリーは息子イブラーヒームにシリア・アナトリアに出兵させ、オスマン帝国との間で開戦となった。
 オスマン帝国はこれに対して、ロシアに支援を要請した。この機に黒海から地中海への進出をねらったロシアはオスマン帝国を援助することを口実に1832年にダーダネルス海峡に出兵した。しかし、ロシアの進出を警戒したイギリスとフランスはオスマン帝国に干渉し、マフムト2世にシリアや北アフリカなどの統治権をエジプトに譲渡することを認めさせた(1833年、キュタヒヤ条約)。それに不満なオスマン帝国のマフムト2世は、ひそかにロシアとウンキャル=スケレッシ条約(1833年)を結び、黒海とダーダネルス=ボスフォラス海峡のロシア艦隊の航行権を認める条件でその支援を受けることとなった。

エジプト=トルコ戦争(第2次)

1839~40年の間のエジプト総督ムハンマド=アリーとオスマン帝国の戦争。

第1次エジプト=トルコ戦争についで、1839年~40年に行われたエジプト総督ムハンマド=アリーとオスマン帝国の戦争。緒戦ではエジプト軍が勝ったが、エジプトのシリア進出を警戒するイギリス・ロシア・オーストリア・プロイセンがオスマン帝国を支援し、フランスだけがエジプトを支援した。最後はフランスも動かず、ムハンマド=アリーは孤立し、イギリス軍に敗れた。

戦闘の経過と列強の動き

 オスマン帝国(マフムト2世)はシリア奪還を目指して出兵したが、ネジブの戦いでムハンマド=アリーのエジプト軍に大敗した。優位に立ったムハンマド=アリーがエジプトとシリアを合わせたエジプト総督の世襲権を要求した。フランスはエジプトとの貿易の利益を上げており、また当時アルジェリアに侵攻し、アブドゥル=カーディルの抵抗を受けていたので、それを挟撃するためエジプトと結ぼうとしていた。イギリスはエジプトの強大化とフランスの進出を警戒し、オスマン帝国支援に動いた。ロシアもウンキャル=スケレッシ条約に基づいてオスマン帝国を支援、オーストリア・プロイセンも同調した。結局、フランスも孤立を恐れてエジプト支援を断念した。ムハンマド=アリーは単独で出兵し、イギリス軍に大敗し、全占領地を放棄した。

ロンドン会議の開催

 1840年、フランスを除外したイギリス・オーストリア・プロイセン・ロシアの4ヵ国とオスマン帝国の間でロンドン会議が締結され、結局ムハンマド=アリーはエジプト・スーダンの総督の世襲権を認められたが、シリアなどの占領地を返還しすることになった。列強が巧みにムハンマド=アリーのエジプトの大国化を抑えつけた形となったが、エジプトはムハンマド=アリー朝として国際的に独立した君主国として認められた。さらに翌1841年、上記4国にフランスが加わって5国海峡協定が結ばれ、オスマン帝国がロシアに海峡航行の自由を認めたウンキャル=スケレッシ条約は破棄され、ダーダネルス=ボスフォラス海峡は再び封鎖された。

戦後のオスマン帝国

 第2次エジプト=トルコ戦争緒戦の敗北の直後、1839年にマフムト2世は死去し、次いでアブデュル=メジト1世がスルタンとなり、ギュルハネ勅令を発してタンジマート(恩恵改革)を開始する。
 → オスマン帝国の衰退  オスマン帝国領の縮小  オスマン帝国の危機